DONQ 107th ANNIVERSARY(1)

ちょっと前になりますが、DONQ(ドンク)が8月8日で107周年ということで、「ドンク創業107周年 ~ドンクといえば、フランスパン!~」が開催されていた。DONQの果たしたフランスパンにおける役割はとても大きい。

129
池袋西武のDONQに来ました

1954年に来日したレイモン・カルベルと彼が招聘したフィリップ・ビゴ、そしてDONQの2代目にあたる藤井幸雄が日本にフランスパンを伝え、広めるきっかけを作った。

 

136
107周年の記念バゲット

107周年を記念するバケットの名前は『テロワール』。これはフランス産の小麦から作られる日清製粉の粉の名前だ。

DONQはいままでバゲットにはリスドォルを使ってきている。日清製粉が提供するおそらくもっとも日本で使われている粉で、その小麦は北米が中心。くちあたりがやさしくクラムもとけるような柔らかさが特徴で、柔らかいパンが好きな日本人にもっとも適した粉と思われる。

134
テロワール バゲット売り場にさりげなく置いてあった

テロワールで作られるDONQのバゲット。これは今までのDONQと比べてどんな仕上がりになっているのであろうか。

 

159asyu
バゲット テロワール
161asyu
アニバーサリーのペーパーが1本1本丁寧にまいてありました

【スペック】

全長:38.8cm 全重:170g 中心部の周囲:18.3cm 高さ:4.5cm 幅:6.2cm

【価格】

294円

アニバーサリーのペーパーを外してしげしげと眺めてみると、クラストもしっかりしてそうでクープの立ち加減や、先端のとがり具合などなにやらだいぶ硬派な感じが伝わってくるのは気のせいだろうか。

183あゆ
厚めのクラスト

食べてみるとテロワールの個性だろうかやはりクラストは厚く、歯ごたえがある。噛み千切ってたべるという、あの感覚が濃厚だ。クラムもリスドールのような口の中で溶けるような柔らかさはない。噛めば噛むほど小麦の味が出てくる。

184asyu
クラムは気泡が大きいながらも、それなりの密度も保っていて微妙な味わいを出している

底の方のクラストを歯でちぎろうとしてもナカナカちぎれない感じが個人的にはとても好みで、塩もしっかり効いていてとてもうまい。テロワールの味わいをしっかり出しながらDONQらしく誰にでも、何に合わせても楽しめるバランスがとれたバゲット。

 

アニバーサリーとしての限定販売とのことだったが、今は通常商品となって販売されている。もともとそういう予定だったのか、評判がよかったからなのか。どちらにしても喜ばしいことである。

(平岩 高弘)

 

◆ DONQ 西武池袋店

Tel : 03-3980-3639

Adress : 東京都 豊島区 南池袋1-28-1 西武池袋店B1

Open : 西武池袋店に準じる

HP  :    http://www.donq.co.jp/index.html

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。