エビとタルタルのバゲットサンド~ianak! イアナック

西日暮里にあるianak!(イアナック)のバゲットでカスクルートを作る。

うーーん、何がいいだろうと考える。とにかくいい意味でクセがないというか、素直なうまさというのが印象なので、昨日の記事でも書いたとおりどんな料理にも合いそう、イコール、どんなサンドでも合いそう。かえって決まらない。

2756ab
イアナックのバゲット

いろいろ考えて、やっぱり味の濃い材料よりも軽い感じの材料のほうがいいのだろうなと思う。こういうバゲットだからこそ、よさが引き出されそうな素材とでもいいましょうか。まだつかってない素材で、軽いものというというわけで、ここはひとつエビとタマゴサラダのサンドに決定。

2810ab
エビ ゆでます

まず最初にエビをゆでる。水に日本酒と塩を加えてゆでるとエビの臭みが抜けて上手くしあがる。エビの色が変わったらゆで汁をすてて冷ましておく。

 

232ab
本日の材料

【本日の材料】1人分 バゲット1/2

エビ 3尾~5尾くらい

タルタルソース  ゆで卵 1ケ

タマネギ 1/5くらい

ピクルスみじん切り 少々

レタス キュウリ 塩 黒コショウ

 

エビといえばタルタルソース。タマネギやピクルス、パセリなどはお好みでいれればOK。

エビとタルタルソースに合わせる野菜はシャキシャキの歯ごたえを楽しめるキューリをぜひ。好きな方はトマトを追加してもいいと思う。個人的にはトマト大好きなのだが、この日は冷蔵庫にはいってなかったので省略。

いつも通りバゲットを温める。これをしなかったらわざわざ作る必要もないくらい重要な作業ですから、何度でも書きます。サンドするときは必ずバゲットを温める。

244ab
エビとタルタルのバゲットサンド

ianak!(イアナック)のバゲットは若干細身なので、今日のようにはさみ込む材料の量が多いときは完全に上下に切り分けて作る。上のバゲットにはバターやオリーブオイルを軽くぬっておき、材料をひたすら盛って塩コショウして完成。

もう、見ているだけでうまそうで笑みがこぼれてくる。

食べる。

これはね、おいしい。サクサクした香ばしいバゲットのクラストと柔らかでほんのり甘いクラムがあるんだけど、それ自体が強く主張しすぎないので、エビとタルタルの味がものすごく口の中で広がる感じ。それから純粋な味覚だけでなく歯ごたえのほうなのだが、クラストが硬すぎないので、、エビのあのプリプリした食感とキューリのシャキシャキ感がものすごくはっきり感じられて、たまらなくうまい。

ianak!(イアナック)のバゲットだからこそのサンドができた気がして、ちょっと自己満足。

(平岩 高弘)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。