プロシュートとカマンベールのバゲットサンド~pointage

pointage(ポワンタージュ)のバゲットでカスクルートをつくる。

このバゲットはすごくバランスが良くどんな料理にも合う感じなので、素材のうまさを楽しむようなサンドにしたい。何がいいかな。

湘南小麦 バゲット すごく自然なうまさ

いろいろ考えて最近食べていないこともありプロシュート(生ハム)と白カビのチーズのサンドに決定。

たまたま生ハムも切り落としが安く売っていたので、そちらを購入。メロンにまいたりするなら見た目も大事ですが、どうせサンドにするので切り落としでも十分です。チーズはカマンベールで。これもブリより安かったから。

本日の材料 生ハムは切り落とし ナスは自家製無農薬

プロシュートとカマンベールの組み合わせに絶対、絶対必要なのはピクルス。これがなかったらサンドにしないほうがいいくらいだね。あと個人的には焼き野菜を加え事が多い。今日は季節がらナスの焼いたものをつかう。いちおうこのナスは借りてる畑で無農薬で育てた自家製ナスです。夏から秋にかけて毎週収穫できていてかなりうまい。時期によってはズッキーニなんかでもあうね。

ナス焼けました

とにかくナスを焼いておけば、あとはバゲットを温めるだけ。好みでバゲットにオリーブオイルをたらしたりして、材料をはさみ込んで完成。

プロシュートをチーズのバランスは好み次第で。個人的にはプロシュートの塩味を楽しみながら食べるのが好きなので、チーズよりも生ハムを大目に入れる。あ、それからピクルスも多めに入れることを忘れずに。

プロシュートとカマンベールのバケットサンド

食べる。

もう、当たり前のようにうまくてひとりでにニヤニヤしてくる。pointageの湘南小麦バゲットはオープンで4分ほど温めてもクラストはパリパリにはならず、引きが強い感じは残っている。そのひきの強いクラストとハムとチーズの味のブレンド感が最高。

そこに加えてナスが味の隠し味のような深みを出してくれている。決してナスがうまい、という感じ方ではなく、全体のうまみをひきたててくれる感じ。やっぱりこの組み合わせには野菜があると一味違うなあ。

素直なバゲットにプロシュートを白カビのチーズ。これは誰でもよく作る組み合わせだが、そこに一品、焼ヤサイを加えてみるべし。おすすめです。

(平岩 高弘)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。