Baguette Life バゲットがおいしい バゲットがたのしい 

メゾンカイザー 神楽坂

神楽坂にあるメゾンカイザーにやってきた。本店は高輪にあるのだが、個人的にこちらのほうが便利なので。

メゾンカイザーはフランスのブーランジェリーのエリック・カイザーと日本の木村屋の一族の木村修一郎さんが共同で立ち上げた企業。ロゴが「K」と「E」の文字から構成されるのは仏のエリックカイザーのロゴからに関係しているのだろう。

KとEからなるメゾンカイザーのロゴ

店内はいろいろなパンが販売されているが、焼いて間もないものは大きな「焼き立て」の表示が張ってあり、一目で焼き立てのパンがわかるようになっている。女性のスタッフの方に店内のパンの写真をとってい良いかどうか聞いてみると、「写真はお断りしてるのですが、パンだけを写すのであれば・・・」と言っていただけた。焼き立ての表示といい、とても親切で感じのいい店だなと思う。

焼き立てのパンの香りに満ちている店内

バゲットはバゲットモンジュとカンパーニュのバゲットの2種類。カンパーニュのほうは全粒粉とライ麦で作られている。今日はバゲットモンジュを購入。

バゲットにも焼き立ての赤い表示が

日清製粉から「メゾンカイザー トラディショナル」という粉が販売されていて、これは仏のエリックカイザーの創業オーナーであるエリックカイザー氏と日清が提携して開発した粉である。

念のため粉について聞いてみると、なんと中から窯の担当の方が出てきてくれた。粉については細かいことはスタッフの方も知らされていないとのことだが、小麦の産地は北米産とフランス産をブレンドしてるらしい。

そのほかにも酵母はイーストと天然酵母を併用しているらしいことや、一時発酵は生地の様子をみながら2時間~3時間くらいで、ということなどを聞かせていただく。本当にみなさん親切です。お忙しいのにすみませんでした。

バゲット モンジュ

【スペック】

全長:47.5cm 全重:231g 中心の周囲:20.2cm 高さ:5.2cm 幅:6.9cm

【価格】

294円

クラストは薄い 柔らかく軽やかなクラスト

バゲットを手にとって軽くクラスト押してみると、かなり柔らかく弾力のある。クラストが割れることなく指がめり込んでいく感じ。これはかなりのソフトさ。

 

ソフトなクラストに対してしっかりとモチモチ感のあるクラム

クラストが柔らかい場合、クラムも口どけのいいあっさりしたものである場合が多いのだが、バゲットモンジュを口に入れてみるとその期待は裏切れらる。クラストの柔らかさに比べてクラムは以外にもしっかりしていて、モチモチした触感が長く続く。このバランスは面白い。

感じられる塩分は控え目で、クラムからは粉のおいしさが噛むほどに伝わってくる。クラストのソフトな歯ごたえも手伝っていくらでも量を食べたくなるような気がする。

ソフトな歯ごたえが好きで、それでいてコクのある感じられるバゲットをお探しの方にお勧めのバゲット。

(平岩 高弘)

 

◆メゾンカイザー 神楽坂店

Tel  : 03-6457-5678

Adress  : 東京都 新宿区 箪笥町41番 大崎ビル1

Open  : 8:00~20:00

HP  : http://www.maisonkayser.co.jp/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation