厚切りベーコンのバゲットサンド~メゾンカイザー

メゾンカイザーのバゲットモンジュでカスクルートを作る。

バゲット全体がかなり太めで柔らかく、クラムがモチモチしているのがバゲットモンジュの特徴。個人的にこの手のバゲットで一番合うと思うのはのは肉汁が出るような食材である。多めのクラムに肉汁を吸わせるようにして食べるのが最高にうまいのだ。

メゾンカイザー バゲットモンジュ

ということで、いつもはあれこれ考えたりするのですが今回は迷うことなく厚切りのベーコンを焼き、最低限の野菜を加えてベーコンの肉汁を楽しむサンドを作ることにいたします。

本日の材料です

【材料】 バゲット1/2本分

厚切りのベーコン 80g

ピクルス レタス パセリ

クリームチーズまたはマヨネーズ 塩 黒こしょう

ベーコンは多めに準備したほうがいいと思う。

厚切りベーコンを焼く。今回はベーコンの肉汁がポイントなので、カリッカリに焼くのではなくて表面を焦がして中はジューシーになるような焼き加減で。

 

ベーコン焼けました

毎回必ず書きますが、バゲットは直算に一度必ず温めましょう。このひと手間がおいしさを一段とアップさせる。

十分に温まったバゲットに、ベーコンはじめ材料を挟む。ベーコンはこれでもかっていうくらいに多めに挟むのが、おすすめ。反対にクリームチーズやマヨネーズは少なめで。ベーコンから肉汁が出るので、無しでも大丈夫なくらい。

 

厚切りベーコンのサンド

食べてみる。

あ~うまい!

噛み切った瞬間にアツアツのベーコンから肉汁が出てきて口の中でクラムと混ざるがわかる。たまにサンドで濃厚な風味の物を作ろうとするとどうしてもチーズに頼りがちになるのだけれど、純粋に肉のうまみを楽しむサンドは格別なものがある。うまいですよ、これ。がっつり食べたいときなんかはとてもいいと思う。

ベーコンでなくてもばら肉のグリルなんかでもいいと思うけど、とにかく肉汁サンド最高。

(平岩 高弘)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。