アスパラとローストビーフのバゲットサンド~Tigre ティグレ

Tigre(ティグレ)のバゲット48でカスクルートをつくる。とても味が濃く、歯ごたえが強いどっしり系のバゲットなので、それなりの材料を考えたい。

Tigre  バゲット48

たまたまおいしそうなアスパラガスを見つけてしまったので、もうそれでアスパラガスのバター炒めが決定。それに合わせるものは何がいいかと、逆な感じで考えてみる。チキンでもいいけどこの間やったばかりだし、ハムでもあうけどなんか芸がないなぁ。できればまだ使っていない食材でいきたいし・・・・といろいろ検討した結果、まだ牛肉使ってませんでしたね。ということでローストビーフを合わせることに決定。

本日の材料

【本日の材料】1人分 バゲット1/2

アスパラガス 2本

ピクルス 少々

ローストビーフ 70g

マヨネーズ 大さじ3杯 マスタード 小さじ1杯 ショウユ少々

塩・コショウ、バター10g位

さすがにローストビーフは作る根性も時間もないので出来合いのものを買ってくる。これでも十分においしいのだ。

アスパラガスいたまりました

まずアスパラガスをバターでいためる。いい香りがしてきたところで塩コショウ。写真はちょっとピントが甘いですね、すみません。炒めすぎないように注意して早めにあげる。いい色でしょ、これだけでぐっと食欲が出てくる。このアスパラが冷めないうちに完成して食べなきゃならないので注意。

マヨ+マスタード+ショウユ+黒コショウ

今回はアスパラガスとローストビーフだけというシンプルな組み合わせ。これだと味つけっを塩コショウだけにすると若干のバサバサ感があるような気がするので、簡単にローストビーフとバケットにぬるソースを作る。

ソースといいうほどたいそうな感じがするが、要はマヨネーズとマスタードとショウユを混ぜるだけ。牛肉ですからショウユ入れたくなるじゃないですか、ショウユ。個人的には結構ありだと思うんですよね、これ。

アスパラガスとローストビーフのバゲットサンド

Tigre(ティグレ)のバゲットを温めたら、まず軽くバターを塗りる。そのあとに、ローストビーフを何枚も重ねて多めに入れて、マヨショウユソースをかけて、その上にバターソテーした熱いアスパラガスをこれまた何本もはさむ。上からかるくパセリを振って、出来上がり。

食べてみる。

あいかわらずTigreのバゲットが硬くてうまい。それに暖かいアスパラがジューシーですごく合う。加えてソースのかかったローストビーフの味わいがついてきて、何とも言えないくらいうまい。好みなんだろうけれど、個人的にはビーフ多めがいいね、これは。バゲットもアスパラもしっかりと味が濃いので、ビーフも負けないように多めにしたほうがバランスがいいと思う。

あったかいバゲットに、暖かいアスパラをはさんで。自宅でないとなかなか食べれない贅沢なバゲットのサンドだと思う。

(平岩 高弘)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。