パンとエスプレッソと

今日は表参道駅から歩いて5・6分ほどのところにあるパンとエスプレッソとに来た。

白いエントランスの前に止めてあるかわいい3輪自動車が目印に。場所柄やっぱりおしゃれな感じ。

3270a
パンとエスプレットと

中ではBARのスペースがかなり広くとってあり、昼時に行ったせいもあり満席。BARではイタリアの代表的なサンドイッチのパニーニがメインらしい。あーパニーニもいいよねぇ。

窓際の明るいスペースに多くのパンが並べられている。ここの一番人気は、ムーという名前で売られているかなり小さ目な角パンだそうだ。バターを大目に使用してかなりリッチな仕上げになっているとのこと。ある意味、バゲットと対極の位置にあるパンともいえるかも。

3254a
明るい窓際に、パンが並べられている

 

バゲットはふっくらとした感じ。中心部の周囲が19cmある、じゃっかん太めのスタイル。

粉はフランス産小麦を100%のローヌという銘柄を使用しているとのこと。酵母はイーストオンリーで自家製の天然酵母は使っていない。

011a
バゲット

【スペック】

全長:45.5cm 全重:218g 中心部の周囲:19cm 高さ:4.7cm 幅:6.5cm

【価格】

340円

059a
色が白くきめの細かいクラム

BARではパニーニが主力で、テイクアウトの一番人気がバターたっぷりの角パンが大人気と聞くと、なんとなくバゲットもハードというよりソフトでフワッとした感じなのかなぁという気がしてくるが、やはりその方向のバゲットだ。

クラストはしっかり厚く、引きが強いというよりはサクサクとしていて気持ち良い歯ごたえ。塩味は比較的しっかりと感じられるほうで、酸味はほとんどなく自然な味わいだ。

088a

クラムは色が白く、きめが細やかな気泡。フワフワしていて口どけが良いのが特徴。

サクサクとしたクラストの歯ごたえと相まって、とても食べやすく癖のないおいしい差が楽しめる。サイズがじゃっかん太めなので、クラムのフワフワ感がさらに強調されている。バタールに近いような、クラムのうまさを味わいたい人にはすごく向いているバゲットだと思う。

(平岩 高弘)

 

◆パンとエスプレッソと

Tel  : 03-5410-2410

Adress  : 東京都 渋谷区 神宮前3-4-9

Open  : 8:00~20:00

HP  : http://www.bread-espresso.jp/index.html

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。