Baguette Life バゲットがおいしい バゲットがたのしい 

AOSAN  アオサン

今日は調布市仙川にあるAOSAN アオサンにやってきた。京王線仙川駅から歩いて5分ぐらいのところにあって、大きな時計が目印になっている。特別に目立つような看板とかはないのでちょっとだけわかりづらいかもしれないが、人が頻繁に出入りしてるのでそれと時計を目安にするとよいかも。

AOSAN アオサン

シェフは奥田充央さん。このお店は特に角食パンが有名で、数に限りがあることもあっていつも角食目当てのお客さんが行列していて、すぐに売りきれてしまうという話をよく聞く。今日もバゲットを買っていると、スタッフの方だ「角食残り一つですよ~」といった瞬間に中にいたお客さんが手を挙げて完売となっていた。

ノア・カンパーニュ

角食と同様に有名なのが、ノア・カンパーニュ。クルミがぎっしり入っているカンパーニュだ。リッチ系もハード系もどちらのパンも粉はすべて国内産のものしか使っていないという。酵母はハード系に関しては自家製の天然酵母を利用しているとのこと。

スコーンなど、多くのパンが独創的

バゲットは2種類で、大小のサイズが異なるもの。原則として14時ごろに1度大きいほうのバゲットが焼き上がり、15時ごろに小さいほうのバゲットが出来上がる。大き目のほうのバゲットで15本前後作り、やはりすぐに完売してしまうらしい。確かに店にいても次から次へとお客さんが来ていて、広めの店内もつねに行列ができている状態だった。写真撮影もOKしてもらえたのだが、お客さんの邪魔になってしまいそうで数枚とってそそくさとやめる。

バゲット

【スペック】

全長:40.5cm 全重:238g 中心部の周囲:20.5cm 高さ:5.5cm 幅:6.8cm

【価格】

250円

 

白く柔らかそうなクラム

バゲットはスペックや写真を見ていただいた通り、かなり太めだ。クープの入れ方も特徴的で、金麦のクープに似ている。このクープの入れ方は私が個人的に知らないだけで、意外とポピュラーなのか。カットしてみるとクラストは決して薄くはなくむしろ厚いほうだと思うのだが、パリパリしていて食べやすく厚みを感じさせない。クラムは白く透明感のある感じで、柔らかくフワフワした感じ。

気泡は不揃いで透明感がある

噛みこんでいくと天然酵母らしく、はっきりと酸味を感じて味のアクセントになっている。クラストとクラムのバランスがよく、どんな料理にも合うような自然なうまさが感じられておいしい。

あとでウェブで調べてみて気が付いたのだが、あるサイトによると奥田さんはルヴァンで修行されたのちにAOSANをオープンされたらしい。なるほど、そういわれてみればお店の雰囲気といい、ノア・カンパーニュといい、このバゲットとといい、なんとなくルヴァンに通じるものを感じる。

天然酵母と国内小麦でつくる、飽きの来ないうまさのバゲットだ。

(平岩 高弘)

 

◆AOSAN  アオサン

Tel  : 03-5313-0787

Adress  : 東京都 調布市 仙川1-3-5

Open  : 10:00~18:00

HP  : —————————-

 

 

 

One Thought on “AOSAN  アオサン

  1. Pingback: エビとブロッコリーのバゲットサンド~AOSAN アオサン | Baguette Life

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation