NUKUMUKU ヌクムク

今日は西武池袋線の中村橋駅のそばにあるNUKUMUKU ヌクムクにやってきた。写真を見てもらってもわかるとおり、店の前に立っただけで楽しくなってくる、アメリカンテイストあふれるおお店だ。一瞬、あれ?ハンバーガーショップ?と思ってしまう。

NUKUMUKU  ヌクムク

店内には入ってもこのアメリカンテイストは変わらない。ハンバーガショップ?と思えるような雰囲気というよりかは、明らかに某ハンバーガーチェーンのキャラクターや看板的なものが無造作に立てかけてある。本当にここはハンバーガーショップではないのか?

あそこやら、はたまたあそこやらのキャラや看板が

しかし店内の棚に置いてるのは、やはり数多くの惣菜パンが。大丈夫、やはりここはパン屋さんなのだなと安心する。大き目のライ麦パンや、カンパーニュなどハード系のパンもしっかりおいてある。オーナシェフは与儀 高志さん。奥様がパテシエでお菓子作りのほうを担当されているらしい。

本当にヌクムクの雰囲気はものすごくアメリカンなわけで、「バゲットやカンパーニュに力入れてます」っていうブーランジェリーとはだいぶ感じが違うのも事実で、すこしだけ不安になってしまうかも。きっとホットドッグとかはおいしいんだろうけど、バゲットとかはどうなの、みたいな不安。

ところがところが実際に買って食べてみるとこれは、もーびっくりするほどうまいのだ、バゲットも。

ドーナッツもおいしそう
シュークリームやプリン、チーズケーキも

バゲットは低温長時間発酵で作っているらしいのだが、とにかくレジの方が忙しそう。恐る恐る、製法や粉について聞いてみたが、わからないようなのでそこでやめておいた。おいそがしいところすみませんでした。また今度、時間をずらしておうかがします。

ヌクムク バゲット

【スペック】

全長:42.5cm 全重:206g 中心部の周囲:16.2cm 高さ:3.8cm 幅:5.6cm

【価格】

230円

クラストは薄すぎず、厚すぎず

スペックを見ていい抱いてもわかるとおり、持った感じも軽く、少し小ぶりのバゲットだ。そのためクラストはそれほど厚いわけではないのだが、小ぶりなぶんだけクラムとのバランスがクラストの歯ごたえを印象的にしている。クラムは見事なくらい不揃いで大きな気泡があいていて、透明感がある。このクラムはおいしい。

大きく不揃いな気泡

食べてみる。

引きの強いしたクラストにしっかりしたクラム。クラムは口どけのいいほうではなくて、しっかり噛ませるタイプ。噛みこんでいくとほんのりと甘みが口の中に広がってくる。すごく本格的なバゲッとですよ、これ。酸味はほとんど感じない。塩味はごくごく自然に。

あー、製法とか、粉とか、聞いてみたいなぁ。アメリカンな雰囲気な店で買える、チョー本格的なバゲットだ。すごくうまい。

(平岩 高弘)

 

◆NUKUMUKU ヌクムク

Tel  :             03-3825-5404      

Adress  : 東京都練馬区貫井1-7-25

Open  : 10:00~19:00

HP  :

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。