第2回 ききバゲットの会

ちょっとした思い付きで昨年(2012年)にやってみた「ききバゲットの会」がやたらと楽しかったので調子に乗ってもう1回行いたくなった。食べるバゲットのお店を変えてしまえば簡単にできるのではないか。記事もこれが101記事目。新たなスタートと言えなくもない中で、少しぐらい特別なことをやってもいいではないか。というわけで2月11日、第2回ききバゲットの会の開催である。

 

mmmm
今回の主役の5種類のバゲット

 

今回もとりあえず食べ比べ

第2回だからといって画期的にシステムが変更されているわけではない。そもそもそんなにリソースないし。日にち決めて、場所抑えて、当日バゲットを買うために5軒のお店を回って、先に場所に入って写真をとる。これだけでも1人でやるにはいっぱいいっぱいなのだ。

 

そんなバゲットがたくさん食べれる以外になにも保障されていない会にもかかわらず今回も多くの参加者が集まってくれた。

・清水さん (前回も参加。ニフティ「地球のココロ」担当です。http://chikyu-no-cocolo.cocolog-nifty.com/

・田中さん (前回も参加。パン技術研究所卒業生。もはや先生です)

・居積(スエヅミ)さん (前回も参加。WEBデザイナーでパン大好き)

・河原さん (前回も参加。相変わらず唯一の男性)

・五十嵐さん(ウェブデザイナー おいしいものメチャ詳しい)

・鞘師(サヤシ)さん(1週間後にオホーツクで流氷みたり気球乗ったり、メチャアクティブ)

・藤澤さん (清水さんのご友人)

・小山さん (清水さんのご友人)

・飛塚さん (優良生保レディ)

 

今回は9名参加ということで明らかに前回より増えてます。前回5名だから80%増。急成長だぞ、ききバゲットの会。

 

mmmm
どんどん先に進みます

 

スムーズな進行

参加人数が急成長だとニヤついている私をよそに、前回に続いて今回2回目の方々を中心にさっさと会は進行していく。それはそうだ、早く食べたいもんね。お店の名前を伏せておいてある5種類のバゲットを各自が評価していく。

 

mmmm
しかし評価は悩む

 

カットする前に、まず見た目を評価する。次にカットしてみてクラストやクラムの状態を評価する。そのあといよいよ食べてみて評価する。この手順は前回と変わらない。評価シートにメモしながら皆さんバゲットを比べていくのだが、やはり今回も「ひとつひとつ、全然違うんだ~」「こんなに違うとはおもわなかった」の声が。この声をきくと主催者冥利に尽きるのだ。

 

mmmm
かなり活発に意見交換が

 

ビジュアルで迷う

今回はビジュアルがかなり個性的なバゲットをそろえてみた。かなり太めで短く、正直いって「バタールじゃないの、これ?」って言いたくなるものから、かなり黒っぽいもの、いかにも柔らかそうなものなど。ただでさえ個性的なのに、その見た目と食べた印象が一致するものもあれば全然一致しないものもありう、そういう意味では今回の食べ比べは前会よりも面白いかも。

 

mmmmmmmm
いろいろ合わせて食べてみる

 

一通り評価が終わると残ったバゲットと持ってきた食材を合わせておいしくいただく。これはこれで楽しいというか、もはやこれがメインという噂もなくはない。5種類のバゲットを一度に食べる機会はなかなかないというか、普通は絶対ないと思うのだが、そういう機会とバゲットにいろいろな具材を合わせて食べる機会と両方あるからこの回は盛り上がるのではないだろうか。非日常×2である。

 

mmmm
田中先生、熱が入ってます

 

まじですか?! 硬いパンに異変が

とりあえずワイワイいいながらバゲットをたのしんで人心地ついたところで、それぞれのバゲットのお店をオープンにしていく。今回のお店は

・ianak!  (イアナック)

・ブーランジェリー ササ

・SAWAMURA

・パーラー江古田

・VIRON

の5軒だ。前回と一緒なのはVIRONだけだ。VIRONは硬いパンの代表格なので硬さのアンケートを取るときにどうしても入れたくなっえしまうのだが、今回この硬さアンケートに異変が起こった。

 

mmm
異変発生

 

知っている人は知っているのだがVIRONのバゲットは硬い。硬いなんてものではない、あのクープの耳で口の中を切って血だらけになる人が続出するほど硬い。僕はあの硬さが大好きなのだが、なかなかあの硬さに慣れない人も多い。それくらい硬いのでましてやあれよりも硬いバゲットというのはお目にかかったことがない。

ところがである。

項目 VIRON イアナック 江古田 ササ SAWAMURA
食べごたえ 0.4 -0.5 1.0 -0.8 0.6

これは9名のアンケート結果だ。食べごたえの項目は各自が食べてみてちょうどいい硬さを感じた時が「0」を入れる。少し柔らかいなと思えばその程度によってマイナスの数値を、少し硬い名と感じればプラスの数値をいれてもらうことになっている。上記の表はその平均値だ。当然硬いパンはプラスの数値が大きくなって出てくるはずだ。その数字がVIRONが「0.4」、SAWAMURAが「0.6」、パーラー江古田が「1.0」。

これってVIRONよりも硬いパンが2つありますってことだよね?  アンケートをよく見てみると、なんとVIRONに「ちょうどいい硬さ」とつけた人が6名もいる。それどころか、「ちょっと柔らかい」につけた人が1名。 あのVIRONがちょっと柔らかいなんて・・・そんな馬鹿な、信じられない。

 

いや、正直にいうと信じられなくはない。全然確信はないのだが、どうも最近VIRONのレトロドールは柔らかくなっているのではという噂がちらほら聞こえてはいたのだ。私が月に一回開催している「硬いパンを食べる会」でもレトロドールを食べて「今日のは硬くないなぁ」という人もいる。たまたまその日のコンディションで柔らかく感じることも十分あり得るのだが、どうもそうれだけではないような感じだ。

 

要するに今日のアンケート結果はVITONよりいっそう硬いバゲットが出てきたというわけではなく。VIRONが以前より柔らかくなってるかも知れないということを示唆してるかもしれないのだ。

むーこれは今後の重要な研究課題とさせていただきます。

 

それぞれのバゲットの感想

 

mmm
VIRON

 

■ VIRON

「見た目がきれい」

「小麦の味がしっかりする、甘みも感じる」

「しっかりした味。バターだけで十分おいしク食べられる」

 

mmmm
ianak!

 

■ ianak!

「料理を引き立てる味」

「酸味を感じる」

「サンドにして食べると一番おいしい」

 

mmmmmm
パーラー江古田

 

■ パーラー江古田

「荒々しクてかっこいい」

「歯ごたえがっちりで、香りがこうばしい」

「少しだけ酸味がする。サンドにするとすごくおいしい」

 

mmmm
ブーランジェリー ササ

 

■ ブーランジェリー ササ

「やわらかめでモッチリしていておいしい」

「香がいい。小麦の香がしっかりします」

「甘みをすごく感じる。後を引く。バターをつけなくてもこのままでおいしく食べられる」

 

mmmm
SAWAMURA

 

「こうばしい。クラストがカリカリしていておいしい」

「食感がすごくいい」

「味の濃い料理に合わせたら最高」

 

今回も楽しかった

いや~今回も楽しかった。全壊よりも人数も増えた分、いろいろな意見が出ていたしなにより硬さに対する評価が衝撃的だった。これは一時的な現象なのか、恒常的な変化なのか是非トレースしていきたい。そしてなによりみんなバゲットを食べて改めておいしさを認識してくれたことがうれしい。

 

また時間をおいてやりたいね~等と行ってしまいそうな雰囲気なのだが、実はこの回の後、1週間も間をおかずに第3回の開催が決定しているのだ。日にちは2月16日。レポートはまた少し間をおいて後日に。

 

mmmm
楽しかったですね

 

(左から 飛塚さん、藤澤さん、清水さん、田中さん、平岩、鞘師さん、居積さん、河原さん、五十嵐さん)

お疲れ様でした。

 

◆ 今回のバゲットのお店

・VIRON

東京都 渋谷区 宇田川町 33-8

ianak!

東京都 荒川区 西日暮里 4-22-11

http://www.ianak.com/news/

パーラー江古田

東京都 練馬区 栄町41-15

http://blogs.dion.ne.jp/parlour/

ブーランジェリー ササ

東京都 渋谷区 笹塚2-7-10-1f

http://boulangeriecaca.web.fc2.com/

SAWAMURA

東京都 港区 南麻布5-1-6 ラ・サッカイア南麻布1・2F

http://www.b-sawamura.com/

 

(平岩 高弘)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。