Baguette Life バゲットがおいしい バゲットがたのしい 

PAUL 神楽坂

神楽坂にあるPAULに来ている。

PAULといえばご存知の方も多いと思うが、フランスのパン屋さんの老舗で東京や関東近郊だけでなく大阪や九州にも出店している大手だ。

 

PAUL

PAUL 神楽坂

 

一番有名なのは新宿の京王百貨店の中に入っている店舗か六本木1丁目にある店舗だろうか。だがあえて今回は神楽坂店に来た・。それはある理由によるのだ。

 

mmmmmmmmmm

ウインドウ越しの撮影

 

実はPAULは店内の写真撮影が禁止されている。京王百貨店の店舗も六本木の店も。最近はブログとかSNSで知らないところで人の写真がアップされていることも少なくないので、お客さんが嫌がれば撮影も禁止にしなければならないのだろう。

でもこっちはパンしかとらないし、パンの棚周辺に人がいなくなったタイミングをはかって撮っているのだからいいじゃないとも思うのだが。

こういうお店がふえてくると、ブログをやってる側からするとすごく困ることになるのでパン屋さんのみなさん、撮影に関しては御理解のほどよろしくお願いいたします。

 

 

mmmmmm

こちらも外のウインドウから

 

というわけで、もちろんこの神楽坂のお店も撮影禁止。でもここはね、外から見えるウィンドウの中に一部のパンを陳列しているのだ、上の写真はお店の外から見えるようになっているウインドウ越しに撮ったもの。

この写真を撮るためにわざわざ神楽坂店まで来たわけです。こういう苦労もあるのですよ。

 

mmmmmmmmm

バゲット・シャルマーニュ

 

PAULでは性格のことなる2種類のバゲットを買ってきた。両方おいしそうだったから。最初のものはバゲット・シャルマーニュ。

【スペック】

全長: 56cm  全重: 263g  中心部の周囲: 16.8cm  高さ: 4.9cm  幅: 6.2cm

【価格】

357円

 

mmmmmmmmm

セモリナ粉使用

 

バゲット・シャルマーニュはパスタにも使われるようなセモリナ粉を利用しているとのこと。セモリナ粉とは小麦k所よりも粗挽きしにした粉のことで、強力粉と比べてタンパク質が多くグルテンが少ない。

PAULではこのセモリナ粉を使用することによって口どけのよさと軽さを狙っているという。酵母はイーストを利用。

 

mmmmmm

いかにも軽やかそうなクラム

 

食べてく見ると、やはり全体に軽く食べやすい印象が残る。クラストの皮も薄めだし、クラムの口どけもいい。狙い通りの仕上がりといったところだろうか。塩の加減は控えめで、そのせいか、イーストながらわずかながら酸味を感じる。バランスがよく誰にでも食べられそうなバゲットだ。

 

mmmmm

フルート・パヴォ

 

もう一つはフルート・パヴォ。正確にはフルートなのでバゲットではないのだが。

【スペック】

全長: 48cm  全重: 225g  中心部の周囲: 15.0cm  高さ: 3.2cm  幅: 5.5cm

【価格】

336円

 

mmmmm

ちょっとわかりづらいが、クラストは厚め

 

パヴォの見た目はかなり個性的だ。

特徴である黒いいろはクラスト全体に撒かれたケシの実。このケシの実が香りのアクセントにもなっている。パヴォもシャルマーニュ同様にイーストを使っているのだが、生地そのものは全然ちがう。

こちらはPAUL伝統に生地を利用していて、小麦はフランスの契約農家が作ったものだけを使用して作っているという。シャルマーニュと比べて、クラストがしっかりして、バリッとした噛みごたえがある感じに下げているという。

 

mmmmmmm

クリーム色のクラム シャルマーニュとは性格を異とする

 

クラムは目が詰まっていて、口の中で丸まってくるタイプ。モチッとした感じと引きの強いのクラストのバランスがいい。塩味はこちらも自然で、見た目の印象よりもずっと食べやすい。ただ食べごたえというか、バゲットとしてのコクはしっかりある感じだ。

これはチーズや濃いめの味の食材でカスクルートにしたり、ワインと一緒に食べるトすごく合いそうだ。

 

クセがなくいくらでも食べられそうな感じがシャルマーニュ。コクがあってチーズなどと一緒に食べるならフルート・パヴォをえらんでみたいところだ。

 

(平岩 高弘)

 

 

◆ PAUL   神楽坂店

Tel  :    03-6280-7723

Adress  :  東京都 新宿区 神楽坂5-1-4

Open  : 10:00~21:00

HP  : http://www.pasconet.co.jp/paul/index.html

 

 

 

 

One Thought on “PAUL 神楽坂

  1. Pingback: Baguette Life - PAUL 品川 | バゲットでいろいろ楽しむ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation