牛肉のカルパッチョ  L’aube ロブ

JR恵比寿駅のそばにあるL’aube ロブのバゲットを食べる。カスクルートでもよいのだが、なんとなく今日は何か簡単で手軽な料理と組み合わせて、食べたい気分。

 

mmmmmmmmm
L’aube ロブ  バゲット

 

牛肉がちょこっとあったのでこれでカルパッチョを作ろう。手間いらずですぐできるし、もちろんバゲットにもよく合うし。

ただ、パルミジャーノレッジャーノがない。どうしようかとおもったが今日は手軽にをテーマにしようと思ったので、あえて買いにいかずに手元にあるレッドチェダーチーズで代用することに。これでも十分においしくできるはず。

 

本日の主な材料
本日の主な材料

 

【本日の主な材料】 1人分 バゲット1/3本

牛肉肩ロース  80g

レッドチェダーチーズ 適量

(本当はパルミジャーノレッジャーノ)

ルッコラ  適量

ニンニク  1片

バルサミコ酢  大さじ1

白ワインビネガー 大さじ1

EVオリーブオイル  適量

レモン果汁 少々

塩・コショウ  適量

 

カルパッチョ
カルパッチョ

 

さっきも書いたけど、今日は簡単がテーマ。

牛肉はもともとスライスされているのでこのまま使ってしまおう。丁寧にするならラップで挟んで叩いてのばすという作業をするのだが、今回はそれもなしで。

バルサミコに白ワインビネガーを合わせて、EVオリーブオイルを加えて混ぜ合わせて塩・コショウで味を調える。レモン果汁は牛肉に替える直前になって加えるほうがおいしい。

 

mmmmm
簡単!うまい!

 

お皿にニンニクをこすりつけて香りをつけ、その上に牛肉を並べる。

上で合わせたオイルを振りかけて、そのあと食べやすいサイズに切ったルッコラとチーズをのせて出来上がり。簡単だ。

写真を撮ろうと思ってまじまじと見ると、やはり牛肉叩いて無いところがビジュアル的に気になってきた。べつに十分おいしそうなんだけど、肉が厚いぶん写真にすると焼肉の焼く前の状態っぽく見えなくもない。

やはりめんどくさくても軽くたたいて伸ばしたほうが、いいみたいです(笑)。

食べてみると、当然のごとくおいしい。チーズを代用品ですませた点も全く問題ない。もちろん厳密にいえばパルミジャーノレッジャーノの熟成させたうま味のような部分については弱いけれども、レッドチェダーでも十分においしいです。ルッコラの香り、レモンの香りもすごくいい。

簡単に作れるけど材料的に味がしっかりしてるものなので、こういうものと一緒に食べる時はホントにバゲットが合うよね。軽いパンではどうしても役不足になってしまう。

ロブのバゲットは軽い酸味とコクがあるので、バゲットの中でも特にこういうものとの相性がいいなト思いながらあっという間に完食しました。

 

(平岩 高弘)

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。