ファクトリー

東京メトロ東西線の九段下駅で降りて2番出口をあがり、内堀通り沿いに靖国通りを目指して歩いていく。4・5分くらい歩いて靖国神社南門の交差点につくとその角にあるのが、今日のお店FACTORYだ。

 

mmmmm
FACTORY

 

ここはフレンチベースの食事を出すことで有名な麹町カフェのパンを製造してるお店でもある。そうはいっても中にはかなり広いイートインのスペースがあり、ここでもサンドウィッチや食事、ドリンクをたのしむことができる。

 

mmmmmm
パンの種類は多くない

 

パンのテイクアウトもできるのだが、惣菜系のパンやお菓子系のパンはほとんど見当たらない。バゲットやノアレザンなどハード系のパンが数種類、ほかにはイングリッシュマフィンやベーグルなどシンプルなパンが何種類か並ぶ。

パンは料理とお合わせて食べるもの、という本来のパンの位置を確認するかのようなベーシックな品ぞろえだ。

 

mmmmm
キッシュ

 

そんなベーシックなパンの中でイートインでもたべられるキッシュがとても目をひく。

これはずるいよね。

だってどうしたってたべてくなるでしょう。

 

mmmm
バゲット FACTORY

 

【スペック】

全長: 44㎝  全重: 194g  中心部の周囲: 16.3cm  高さ: 3.7㎝  幅: 5.9㎝

【価格】

280円

 

mmmmm
厚めのクラスト

 

バゲットはバゲットファクトリーとバゲットブランシェの2種類がある。

ファクトリーがイーストを利用していて厚めの皮がバリッとした感じのバゲットをイメージしていて、ブランジェは天然酵母を使用、酵母らしい深みのある味を目指しているという。

今回はバゲットファクトリーを購入することに。

 

mmmm
バゲット FACTORY

 

44cmという少し短めの長さのバゲットを持ってみて最初に感じるのは硬さ。これはかなり硬めのクラストをもってるっぽいなというのが第一印象。

カットしてみるとやはりクラストは厚い。色は薄めだが引きは強い。口に含んでみてもその印象は変わらず、硬い皮を食べるためにかなり噛みこんでいカなければならず、噛みこんでいくうちに粉の甘みがどんどんでてくる。

気泡の粗いクラムも噛みこんでいくタイプのものなので、アゴがつかれる人はちいさくちぎつて食べることになりそうだが、それだけの価値は十分にある。

よくバゲットの一番おいしいところはどこかという話の中で、クープの部分があげられることが多いのだが、バゲットの底の皮の部分が妙においしいバゲットが時々存在する。このファクトリーもその中の一つで、最も厚くなり最も香ばしくなっている底のクラスト部分を噛んでいると、粉の甘みと少しだけ焦げた感じの香ばしさが膨らんできて何とも言えない。

この底の部分を誰にもあげたくない、という感情が起きてくるのが我ながらおかしい。

ベーシックなパンにこだわりぬいたパン屋の、さすがという感じのバゲットだ。

 

(平岩 高弘)

 

◆ FACTORY

Tel  :    03-5212-8375

Adress  :  東京都 千代田区 九段南3-7-10 アーバンキューブ九段南1F

Open  : 8:00~22:00

HP  :  http://www.factory-kudan.com/

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。