Baguette Life バゲットがおいしい バゲットがたのしい 

第4回 ききバゲットの会

2月16日にシブヤ大学で行ったききバゲットの会。

4月28日に第4回を開催。今回は渋井や大学ではなく、いつもの会場でひそかに行われたのだった。別に隠しているわけではないのだが、シブヤ大学の時ほど広範囲に告知しなかったので。

参加していただく方もだんだん口コミで広がってきて、私自身が初めてお会いする人も何人も出てきました。

徐々にひろがってきたかな、ききバゲットの会。

 

mmmmmm

いつもの光景

 

今回の参加

今回は14名の方が参加してくれました。シブヤ大学Lは別にすると、回を重ねるごとに人数が増えてきてるのが主催者としてうれしい。

毎回参加してくれている方からすればもはや見慣れた光景からのスタート。5種類のバゲットにAからE間での記号をふり、まずは見た目と持ってみた感触でそれぞれのバゲットの違いを感じてみる。

なお、今回の写真は田中さんのお知り合いでプロのカメラマンの尾立温美さんに取っていただいた。明らかに私とはちがうプロのクオリティだ。

 

mmmmm

今回のバゲットたち

 

いつも通りに、裏返したり持ってみたりしてそれぞれのバゲットに触れてみる。

「こんなに違うんだぁ」「色もぜんぜん違うんねぇ」

いつも通りの反応だ。そうなんだよね、いくつものパンを比較してみることってないんだよね。

一通り触ってみて感想をまとめた後は、バゲットをカットしてもらう。全部で15本あるバゲットをカットするのはかなりのじゅど労働なのだが、なぜかみんな楽しそうだ。そう、おいしそうなバゲットはみんなをわくわくさせるのだ。

バゲットのカットが終わると、各自が全種類のバゲットを手元においてそれぞれのバゲットの感想をメモしていく。

香りやクラストの引きの強さなどを確かめた後は、いよいよ食べてみて、風味や食感を比べ見る。

「いや~やっぱりちがうなぁ」

「これおいしいねぇ、すごくおいしい!」

 

ききバゲットの会ではあえて何もつけずにバゲットだけを食べた後、その次にバターをつけて同じバゲットを食べてもらう。

それだけで印象が変わるからだ。

「おぉ、バターをつけると全然ちがう。」

 

「バターをつける時も、ぬって食べるのと、ぬらずに上に乗せた状態で食べてみて比べてみてください。」

「あぁ、風味がかわるねぇ」

などなど。

もはや盛り上がり感もピークに達している感じ。

 

mmmmm

第二部 開始

 

バインミーの提案

それぞれメモを取りながらの食べ比べが第1部だとすると、細かいことは抜きにしていろいろなおかずと一緒にバゲットを楽しく食べましょうというのが第2部。

ある意味こっちのほうが楽しいんだよなぁ。

こちらで用意したのはハムやケーゼなどのシャルキュトリーと卵やツナのサラダ、フロマージュやレバーペーストなど。

もう少しいろいろあってもいいかなぁと思ったりもするのだが、準備の時間や手間を考えるとこれくらいが限界かなぁと。

 

ところが今回、参加していただいた田辺さんが塩ゆでした豚肉と、ニュクマム、パクチー、ダイコンやニンジンのなます、トウガラシなどなどをわざわざ持ってきてくださった。これでバゲットでベトナムのサンドイッチ、バインミーをつくてみましょうという提案なのだ。

バインミーは本場ではベトナム風のフランスパン(?)を利用して作られるのだが、日本のバゲットに比べてだいぶやわらかいものが使われるような気がしていて、僕自身にはちょっとバゲットでは硬すぎて合わないかなぁという思いがあった。

だが田辺さんに教わりながら具材をはさんでいき、出来上がったバインミーを食べてみてびっくり。

「うまいねぇ!」

パンの硬さは全く気にならず、むしろバゲットのコクが具材と合わさってどんどん膨らんでいくようだ。とにかくこれはうまい! いいもの教わりました。

田辺さんに感謝すると「前回のシブヤ大学で、『バゲットの食べ方を提案しよう』っていってたから」と。確かにそうです、そういいました。これからもいろいろな食べ方を提案していきましょう。

 

mmmmmmm

このコンフィチュールがものすごく好評

 

おいしい食材を持ち込んでいただいた方がもう一人いたので、そちらの方もご紹介を。

ニフティの清水さんがチェリーのコンフィチュールと、パイナップルのコンフィチュールを提供してくださった。これがまた大好評。特にチェリーの方はピリッとした風味があり、よく読んでみる中になんとブラックペッパーが含まれている。マダガスカルで作っているとのこと。

果物とうまみがギュッと凝縮していて甘みが豊かなのと、コショウの辛味が甘みを引き締めるバランスが絶妙だ。

もう、おいしいという感想というよりも悲鳴に近いような歓声があがる。大げさに書いているように思えるかもしっれないけどほんとうにそんな雰囲気でしたよ。

実は個人的はパンを甘くして食べるのはあまりしないのですが、そんな僕にとってもこのジャムはおいしい。甘いの苦手な人もこのコンフィチュールは食べてみるべし。

 

今回のバゲットの感想

 

コメントや感想を読んでみると、今回参加された方の傾向は適度な柔らかさと軽さを好む傾向にあったようで、特に人気が高かったのは、Himmelとル・ルソールのバゲット。

 

mmmmmmm

VIRON

■ VIRON

「香りがいい」

「しっかりと味がのってる」

「バターなしでもおいしい」

 

mmmmmmmm

Himmel

■ Himmel

「しっとりしてる」

「塩の加減が好みに合う」

「バランスが取れていて食材をはさんで食べるのに一番いい」

 

mmmmm

ル・ルソール

■ ル・ルソール

「酸味が心地よくておいしい」

「粉のあまみ、味わいがある」

「サクサクした食感がいい」

 

mmmmm

ポワンタージュ

■ ポワンタージュ

「甘い香りがする」

「どんな料理にもあいそう」

「一番しっとりしている」

 

mmmmmmmm

SAWAMURA

■ SAWMURA

「バターをつけるとすごくいい」

「おしょうゆのような香り」

「こうばしさが好き」

 

mmmmmmmmmm

バゲット大好き

 

今回も楽しかった

今回もあっという間に時間がたっていった。

初めて参加された方も2度目以上の方、どちらの方も楽しめていただけたと思う。特に今回は、田辺さんや清水さんみたいに食材や食べ方を提案していただいて僕もすごく勉強になった。

こういう風に、参加者全員でやり取りができたり体験しあうイベントってすごくいいよね。次回もこういう風に一方向じゃないイベントにしていきたいと思っています。

 

◆ 今回のバゲットのお店

・ VIRON

東京都 渋谷区 宇田川町 33-8

 

・ Himmel

東京都大田区北千束3-28-4 アンシャンテ大岡山1F

http://www.himmelbrot.com/index.html

 

・ ル・ルソール

東京 目黒区 駒場 3-11-14 明和ビル1F

 

・ pointage  ポワンタージュ

東京都港区麻布十番3-3-10

http://www.pointage.jp/

 

・ SAWAMURA

東京都 港区 南麻布 5-1-6 ラ・サッカイア南麻布1・2F

http://www.b-sawamura.com/

 

(平岩 高弘)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

mmmmmmmmmmmmmm

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation