ブーランジェリー アー

今日は東京メトロ半蔵門線の半蔵門駅の5番出口から歩いて5分くらい、大妻高等学校の裏手にあるブーランジェリー アーに来ている。ビルの1Fなのだが道からは少しだけ階段を降りたところにあり、気を付けないと見過ごしてしまいそう。

 

mmmmmmm
ブーランジェリー アー

 

店内はイートインのスペースもあり、もちろんベーカリーとしてテイクアウトもできる。落ち着いた雰囲気でいかにも女性に人気がありそうな雰囲気だ。何度か来ているのだがいつも女性客でいっぱいだ。

 

mmmmmmm
サンドイッチも食欲をそそる

 

パンはハード系や料理パン、ベーグルと一つ一つの種類は少ないが広い範囲をカバーしている。

 

mmmmmmmmm
雰囲気あり

 

ハーフで販売されていいたカンパーニュを購入。

 

mmmmmmmmm
カンパーニュ

 

カンパーニュは期待通りしっかり酸味がきいている。うれしくなる酸味とコクがある。

 

mmmmmmmm
バゲット トラディッション

 

【スペック】

全長: 51.5cm  全重: 270g  中心部の周囲: 17.5cm  高さ: 4.4cm   幅: 6.2㎝

【価格】

300円

 

mmmmmmmm
クラストはしっかりなのだが、あまり主張しない

 

バゲットは通常のものと、バゲットトラディッションと2種類ある。どちらもドライイーストを利用しているとのことだが、トラデッションの方は3種類の小麦をつかいポーリッシュ法で生地を起こしているとのこと。モチッとした食感をイメージして作っているそうだ。

今回はトラディッションの方を購入することに。

 

mmmmmmmmmmm
クラムは半透明ですぞ

 

持ってみた感じはしっかりと重さを感じてなおかつ硬さもある。焼き色も濃く、いかにも香ばしそうな色合いが食欲をそそる。

カットしてみると思った以上にクラムの目は詰まっていた。なるほど、こういうクラムなんだぁと改めて思う。これは本当にクラムのモチモチ感で勝負しているバゲットだ。写真で見るときれいな白いクラムに見えるかもしれないが、実際は気泡の周辺は半透明になっている。

口に含むとクラストの香ばしさが広がってくる。この香りが如何にもいい感じ。そのあとでクラムのモチモチした食感を楽しむ。

口どけがいいのというタイプではなく、モチモチした食感が続ていくタイプ。塩味がきいているので、味わいがじわっと広がってきて深みが出てくる。なるほどんるほど、これはいいね。

クラストの硬さはほどほどあるのだが、実はもちっとしたクラムが主役。こういうバゲットは実は本場フランスに多くある。きっとフランス人が来ても喜んで食べているのではないかと思う。

 

(平岩 高弘)

◆ Boulangerie a   ブーランジェリー アー

Tel : 03-3230-8484

Adress : 東京都 千代田区 三番町 7-1 朝日三番町プラザ105

Open : 8:30~18:30

HP  :   http://www.boulangerie-a.com/index.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。