ルパンコティディアン芝公園

今日は芝公園にある、ルパンコティディアン芝公園。

東京プリンスの中に入っている。JR浜松町駅、地下鉄の大門駅が最寄駅になる。

 

mmmmmmmm
ルパンドコテディアン芝公園

 

ルパンドコティディアンは世界14か国に展開するベルギー発祥のベーカリーレストランブランド。もちろんパリにもあります。

日本には芝公園のほかに、表参道や初台にもある。

 

mmmmmmmm
広いスペースにパンがいっぱい

 

店内は広く、様々なパンが並べられている。もちろんベーカリーレストランなので、中では食事もとれるようになっている。

 

mmmmmmmm
パン・オ・ショコラ

 

パン・オ・ショコラ。

食感はフワッとしている部分としっとり感を感じる部分と。

 

mmmmmmmmmmm
ちょっと不思議な食感

 

生地はあまり強い個性はなく、チョコレートが印象的。

甘くコクのあるチョコレート。

 

mmmmmmmm
オーガニック小麦のバゲット

 

【スペック】

全長 : 52.5cm  全重 : 313g  中心部の周囲 : 18.8㎝  高さ : 4.6cm  幅 : 6.4㎝

【価格】

460円

 

mmmmmmmmmm
オーガニック小麦のバゲット 裏面

 

手に取ってみた感じは、見た目からイメージされる重量感よりちょっと重い感じがする。

少し薄めの焼き色と、縦に一本引かれたクープが印象的だ。

 

mmmmmmmmm
クラストは薄い

 

香りはそんなに強くないのだが、カットしてから改めて嗅いでみるとしっかりした酸味を感じる。

このバゲットは天然酵母とイーストの併用なので、そういう点では風味も酵母らしさを感じるものに仕上がっているようだ。

クラストはやはりうすめになっていて、クラムはきれいな白。

 

mmmmmmmmmm
モチモチ感のクラム

 

食感は、まずクラストのパリパリ感が目立つ。イーストを併用しているのもこのパリパリ感を出すためなのだろう。

特にクープの部分がパリパリなのと、クープの耳の部分が、香ばしさも加わっていてすごくうまい。

次に底の部分。

ここはクラストが一番厚くなっているのだが、それでもそれほど引きは強くなく、あくまでも軽さを感じる食感に変わりはない。

クラムはモチモチしていて、風味豊か。塩味が控えめで酸味がすっと聞いている感じだ。クラストとのバランスがすごくいいね。

品のいい風味というか、すっとしたおいしさが印象的なバゲットだよ。

 

(平岩 高弘)

◆ ルパンコティディアン芝公園

Tel : 03-6430-4157

Adress : 東京都 港区 芝公園 3-3-1 

Open : 7:30~22:00

HP  :   http://www.lepainquotidien.jp/

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。