Baguette Life バゲットがおいしい バゲットがたのしい 

パン工房 風見鶏

今日はさいたま市の東浦和駅に来ている。

めざすお店、風見鶏は少し離れていて、駅の北側に出て伊勢丹のある角を左に曲がって1㎞弱ぐらい歩いてい行くと見えてくる。

 

mmmmmmm

パン工房 風見鶏

 

店内は広く、多くの種類があるのだが、ピゼッタやプレッツェルだけでも何種類もならべられている。料理系のパンが比較的充実している感がある。

サンドイッチも、パンドミを使ったもの、ハード系のフィセルを使ったもの、フォカッチャを使ったものなどバリエーションに富んでいる。

 

mmmmm

右が三元豚のカツサンド

 

特に三元豚のとんかつをつかったサンドイッチはものすごくうまそうだった。ボリューム感もバッチリな感じ。

 

mmmmmm

パン・オ・ショコラ

 

パン・オ・ショコラはチョコレートの味わいがしっかり。

 

バゲット 風見鶏

チョコと生地のバランスがいい

生地はパリッとした中に適度なしっとり感がある。

チョコと生地の甘さのバランスがすごくいい。

 

mmmmmm

バゲット

 

【スペック】

全長 : 51㎝  全重 : 254g  中心部の周囲 : 16.5㎝   高さ : 4.4cm  幅 : 5.5cm

【価格】

310円

 

mmmmmmm

バゲット 裏面

 

オーナーシェフは福王寺 明シェフ。

バゲットに使う粉はキタノカオリをベースに星野物産の黄金鶴と瀬古製粉の麦創などをブレンドしている。

イメージしているのは中がいつまでもしっとりしていて、引きがそれほど強くなく、香りがいいバゲット。もちろん当日に食べた方がおいしいのだが、2日目でもクラムのしっとり感がのこっていて、十分おいしく食べれるバゲットに仕上がっているという。

 

mmmmmmmms

クラストはそんなに厚くない

 

風見鶏のバゲットは、手に取った瞬間にしっかりとした重量感を感じる。あぁ、目が詰まったモチッとしたクラムなんだろうなぁという期待が出てくる。

粉の振ってあるクラストを指でおしてみると、弾力があって押した分だけはへこみ、指を離すと戻ってくる。シェフのいうとおり、引きもそんなに強くなさそうだ。

 

mmmmm

クラムはしっとり

 

クープがものすごく開いている。これだけ勢い良く開いているクープもあまり見ないような気がする。

カットしてみるとやはりクラストはそんなに厚くない。

香りは魅力的だ。粉の甘みと酸味が複雑に入り混じったような香り。

口に入れてみるとまず最初にそんなに固くないクラストの香ばしさが伝わってくる。そのあとに徐々に粉の甘みが靴の中に広がってきてそのあとをクラムの酸味が追いかけてくるような感じだ。

シェフの言うとおり、クラムのしっとり感、モチッとした口当たりが印象的だ。

香りと同様、味わいも複合的で、なんといってもうまい。

クラストも魅力的、クラムも魅力的、両方味わい深く楽しめるバゲットだ。食べ飽きないよね、こういうバゲットは。

 

(平岩 高弘)

 

◆ パン工房 風見鶏

Tel : 048-874-5831

Adress : 埼玉県 さいたま市 南区 大谷口 5338-6 

Open : 10:00~19:30

HP  :   http://kazamidori-pan.shop-web.org/

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation