Baguette Life バゲットがおいしい バゲットがたのしい 

ラ・セゾン・デ・パン

今日は東急東横線の武蔵小杉駅まで来ている。

駅の東口を降りてすぐのところに、フーディアム武蔵小杉がある。その中の1階のテナントの中に本日のお目当て、ラ・セゾン・デ・パンが入っている。

 

mmmmmm

でかい! カンパーニュ

 

店内は大型のフードコートの中のテナントらしく、広々としたスペースの中に工房と売り場とが配置されている。

ハード系も調理パンも、いろいろな種類のパンがあるのだが、目に入ったのはカンパーニュ。

カット売りもしてくれるようだが、並べられている状態はホールのまま。これがかなり大きいのだ。ワンホールで1,200円とかなりの値段だけど、これだけ大きいと割高感はない。カンパーニュには、わざわざ特別な酵母を使用しているとのこと。

 

mmmmmmmm

料理パンも充実

 

シェフは大室 雄司さん。

スローフード、スローライフをコンセプトにラ・セゾン・デ・パンを運営されているという。

クロワッサンは、通常のものとプレミアム・クロワッワンと2種類ある。プレミアム・クロワッサンはバターにAOCバターを使用しているとのこと。

カンパーニュといい、クロワッサンといい シェフのこだわりが感じられる。

 

mmmmmmmmm

パン・オ・ショコラ

 

パン・オ・ショコラにはバローナのチョコレートを使用。

パリッとした生地の感じと全体のソフトな食感が印象的。

 

mmmmmmmmm

香りがいい

 

生地の香りもよく、チョコレートとのバランスがすごくいい。

 

mmmmmmmm

バゲット

 

【スぺック】

全長 :49.0cm 全重 :208g  中心部の周囲 :21.5㎝  高さ :5.1cm  幅 :7.4㎝

【価格】

290円

 

mmmmmmmmmmmm

バゲット 裏面

 

見た目と比べて、持った感じは少し軽目かなという感じ。

形状は両端が細くなっているタイプなので、細見のところはかなりクラストは硬く、中心部は少し弾力がある。

 

mmmmmmmmm

クラストは薄め

 

粉はフランス産粉とラ・セゾン・デ・パンのオリジナル粉をブレンド。酵母は、天延酵母とイーストを併用しているとのこと。

焼き色は、少し濃いめで香ばしそうだ。

 

mmmmmmmmmm

クリーム色のクラム

 

カットしてみるとクラストは薄め。真ん中の太くなっている部分については引きもそれほど強くない。

食べてみると、香ばしさの後にじわじわと酸味がでてくる。あくまでも抑え目の酸味。それが徐々に膨らんでくる感じなのだ。だから食べていて楽しい。

クラムの色ははっきりとしたクリーム色。

モチモチした感じのクラムは口どけがいいというよりも噛みこんでいくタイプ。塩味が抑え目なので粉の味わいと酸味が引き立っている。

形状の特徴から、場所によってクラストとクラムのバランスが違うので細くなれば細くなるほど硬い歯ごたえがいい。中心部はクラムの味わいとクラストの食感の双方が楽しめる。

食事にも合うし、バゲットだけで食べてもいける。おいしいですよ、このバゲット。

 

(平岩 高弘)

◆ ラ・セゾン・デ・パン

Tel : 044-431-0410

Adress : 神奈川県 川崎市 中原区 新丸子東3-1100-14 フーディアム1F

Open : 10:00~21:00

HP  :    http://www.lsdp.jp/

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation