ブーランジュリーKヨコヤマ

今日は埼玉県にあるJR南浦和駅まで来ている。

目指すのはブーランジュリーKヨコヤマ。最初に書いておくと、駅は南浦和なのだが、お店の住所は川口市。だから駅から少し歩くことになる。時間にして15分~20分ぐらい。私はあることが好きなので、これくらいの距離は平気なのだが、荷物をもっていたり小さい子供が一緒のときは車かタクシーを使ったほうがよいかも。

駅の東側に出て、小谷場小学校南の交差点を目指して歩いていくと、その交差点のすぐ手前の通り沿いにブーランジュリーKヨコヤマがある。

 

mmmmmmmmm
ブーランジュリーKヨコヤマ

 

プロヴァンス風のブルーを基調にしたエントランスが特徴的。外にはイートイン用のテーブルも準備されている。

中に入ると、広々としたスペースの中にホントに数多くのパンが並べられている。

 

バゲット Kヨコヤマ
ハード系 特にフランスパン系が充実

 

東京に比べて、地方の地域密着型のパン屋さんは品ぞろえが豊富だ。車を使って広範囲の方が購入しに来るので、ニーズが様々であり、それにこたえる必要が出てくるからだろう。スイーツ系、調理系のパンが多いのはもちろんだが、サンドウィッチの種類や量もかなりの数になる。

Kヨコヤマもその例にもれることなく、誰が来ても食べたいものが必ずあるのでは、と思わせるほどのパンが並べられている。

その中で特徴的なのはフランスパン。

普通は、バゲットとバタールの2種類のお店が多い。それに加えてフィセルとかがあると、おっ、ここは3種類もあるぞ、と思う。ここで言ってるのは、フランスパンの種類の話でバゲットが2種類、3種類あるという話ではない。

どっちがいい悪いという話ではなくて、フランスパンの種類をたくさん揃えているお店は珍しいのだ。Kヨコヤマは

フリュート、バゲット、バゲッティーヌ(プチバゲット)、バタール、パリジャン、とフランスパンとして5種類もある。これはうれしい。生地が一緒でも成形が変わると、クラストとクラムのバランスが大きく変わるので、まるで違う味わいになる。こういう品ぞろえをしていただけると、毎日のパン生活が本当に楽しくなるっだろうなと思う。

 

mmmmmmmm
クロワッサン

 

クロワッサン。

食感は最初の歯ごたえがしっかりして、パリパリ。

 

mmmmmmm
中心部はしっとり

 

中心部はしっとり。

甘さはおさえめ。

 

mmmmmmmm
バゲット マエストロ

 

【スペック】

全長: 54.5cm  全重: 240g  中心部の周囲: 17.5㎝  高さ: 4.4㎝  幅: 6.0㎝

【価格】

210円

 

mmmmmmm
バゲット マエストロ 裏面

 

このバゲット マエストロは焼き色がかなり濃い。これはKヨコヤマの他のフランスパンに比べてもそうんあkん時がしたのだが、その日のコンディションの問題なのかどうか。でも個人的にはこういう濃い焼き色は大好きだ。

 

mmmmmmmmm
がっちり硬いクラスト

 

香ばしいかおりが立っている。最も印象的なのがこのこうばしさ。裏面の焼け具合もかなり強めだ。こうばしくて深みがある香りが全体を包んでいる。

指でクラストを押してみると、かなり硬く、弾力さはほとんど感じられないほど。

 

mmmmmmmmmmm
クラムの気泡は大きめ

 

カットしてみると、思ったほどクラストは厚くない。厚くはないが引きはかなり強い。

口に入れてみるとかなの硬さを感じる。意識して噛み切っていくほど。そしてその噛み切ったクラストを何度も咀嚼していくと味わいが膨らんでくる。軽いけど、コクのある味わいが広がる。

味わい全体は軽めで濃い方ではなく、塩も抑え目だ。だから料理にも合うし、バターやオイルにすごく合うと思う。

このまま食べることよりも、料理に合わせて食べることをメインに考えてつくられたバゲットの様に思える。

 

(平岩 高弘)

 

◆ ブーランジュリーKヨコヤマ

Tel : 048-263-0222

Adress : 埼玉県 川口市 小谷場 455-1

Open : 7:00~19:00

HP  :   http://www.bkyokoyama.com/index.html

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。