Boulangerie Damiani ダミアーニ 3ème 2013 パリ17区

今日はメトロの13号線の駅、brochant  ブロシャンに来ている。ブロシャンはパリ市の北西に位置する17区にある駅。

メトロの階段をあがって通りに出てみると、カフェやファーマシーが立ち並ぶ中、なんとなく落ち着いてちょっと端正な雰囲気の町並みを感じる。

 

mmmmmmm
メトロ13番線 Brochant 駅

 

少しだけ歩くと、ホテルの看板が目に入り始める。

ホテルがあるといっても、やはり歩いてる人のほとんどは地元に人のようだ。何でわかるの?と問われても答えようがないのだが、なんとなくそんな予感がする。

 

mmmmmmmmm
すごくいい雰囲気の街並み

 

なんだろう、地元の人間にも、他から来たよそ者にも、どちらにも優しそうなそんな空気を感じる。

とにかく高級とか、上品とかそういうことではなくて、居心地がよさそうな、雰囲気がよい街。落ち着く街。

そんな第一印象。

 

mmmmmmm
このジュースはいったい・・・・

 

この肉屋さん、なぜかジュースのボトルを大量に並べていた。ちょっと派手な原色の飲料と肉の取り合わせがあまりにもおかしい。

なにかスポットのキャンペーン中なのか、いつもこうなのか。

 

mmmmmmmm
バゲットむき出し

 

街ゆく人の多くがバゲットを抱えている。

こういう風景に出会うのを待っていた自分に気が付く。そうだ、パリはむき出しのバゲットを抱えて歩く街だ。

 

mmmmmmm
こういう姿が自然に目に入ってくる

 

男性もバゲットを抱えてあるく。この人はこの後、歩きながらバゲットの先端をちぎって食べ始めた。あぁ、写真におさめたかった。

 

mmmmmmmm
Bolangerie Damiani

 

そんな人々が行き交う交差点の角にDamiani ダミアー二がある。

ここは、今年2013年のパリのバゲットコンクール、Meilleure Baguette de PARISで3位に入賞したブーランジェリーだ。

 

mmmmm
店内は明るい

 

店内に入ってみると、他のお店とは若干レイアウトが違っている。いや、基本はいっしょなのだが、ハード系のパンが入り口から奥のレジに向けて一列になっておかれている。

だからハード系のパンが店のあちこちに散らばっているように見える。

 

mmmmmm
あちこちにハード系が

 

それとカスクルート。陳列されている1種類あたりの数が結構少ない。

 

mmmmmmmm
とにかく並ぶ。待っていても列は途絶えない

 

もちろんだからと言ってダミアー二にお客さんが来ていないわけではないし、おそらくカスクルートが売れていないわけでもない。写真にあるとおり、店内は長蛇の列だ。

 

mmmmmmm
Damiani  ダミアー二  バゲット トラディッション

 

【スペック】

全長:52.5cm  全重: 259g  中心部の周囲: 20㎝  高さ: 4.7cm  幅: 7.7㎝

【価格】

1.2€

 

mmmmmmmmmmmm
バゲット トラディッション  裏面

 

ジュリアンのバゲットに比べるとしっかり焼き色がついている。先端が細めで、中心部がグッと太くなっている形状。長さが50㎝以上あるのだが、手に取った時に感じる重量感は少し軽めの部類に入る。

 

mmmmmmmm
意外と厚めのクラスト

 

私がこのトラディツションを注文した後、すぐ後ろに並んでいた親父さんが、同じトラディツションを頼んだ後に

「bien cuit!(ビアン キュイ)」

と大声で叫んでいた。「よく焼けてるやつをくれ」という意味だ。

思わず、「おぉ、親父さん、やっぱりそうだよね!」と話しかけそうになったが、フランス語ではおろか、英語でもなんて言えば良いのかわからなかったので黙っていた。

やっぱりこの状態よりもさらに焼きが強いバゲットを好むパリッ子も多いのだなぁと思うと、ちょっと嬉しかったり、安心したり。やっぱりバゲットは白くない方がいい。

 

mmmmmmm
塩の風味が印象的

 

指でおしてみると、弾力を感じる。でも、単純に柔らかいのではなくて明らかにパリッとした感触を残したうえでの弾力。

カットしてみると、思ったよりクラストが厚い。正直、もっと薄いだろうという感触だったのでこれは意外だ。そしてクラムはしっかりと目が詰まって、いかにも、しっとりモッチリとした感じのしそうな風合い。色は濃いめのクリーム色。

食べてみて一番強く感じるのは、塩の味わい。

かなり塩がきいてるな、これ。

最初に塩味をかんじて、それを噛めば噛むほど塩の印象が強くなっていく。もちろん、しょっぱすぎるとか、そういう意味ではなくて、あくまでに塩の印象が強いということ。風味のある塩の味わい。やっぱり、塩の味わいにもお国柄が出る。

そういう塩の風味を感じながら噛みこんでいくと、やがて粉のどっしりした穀物らしい味がでてくる。でもやはりどこか控えめな感じは否めなくて、全体の印象はやはり塩の風味。

ばっちり効いてる塩のおかげで、バターが欲しいという気はあまり起きない。そういう意味ではバゲットだけでもどんどん食べられちゃう。歩きながらつまんで食べたくなる気持ちがすごくよくわかった。

 

(平岩 高弘)

 

◆ Boulangerie Damiani

Tel : 01 42 28 33 05

Adress : 125, Avenue du Clichy,75017

Open :          –

Station  :  Brochant ⑬

HP  :    -

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。