Boulangerie Raphaëlle ラファエル 2ème 2013 パリ18区

今日はブ―ランジェリー ラファエルへ。2013年のパリバゲットコンクールで2位に入賞したブーランジェリーだ。

パリ市北部の18区にある、メトロのBarbès Rochechouart駅が最寄駅になる。

 

mmmmm
Barbès Rochechouart駅

 

この駅はメトロの駅なんだけど地上にある。メトロの2番線を西の方から乗ってくると一つ手前のAnvers駅あたりから線路が地上に出てくるのだ。したがって駅も以下ではなく地上にある。

 

mmmmmmmm
駅のそばの陸橋   地下鉄の線路だが地上を走る

 

駅をでると、なんとなくせわしい雰囲気。人が多い。というか、何もしないような雰囲気で佇んでいる感じの人が多いというべきか。

明らかにキャッチセールスをしている人間の数も多い。ちょっと今までに降りてきた駅とは雰囲気が違っていて、ぐっと下町っぽさが増してきている。道にある落書きの数もかなり多い。大通りを一本中に入ると、もう落書きだらけの通りも結構あるのだ。

Boulangerie Raphaëlle
Boulangerie Raphaëlle

 

そんな生活感を感じさせる道を7分~8分ほど歩いたところに、ブーランジェリー ラファエルはあった。角地にオレンジ色の店舗がすごく目立っている。時間はお昼を過ぎたころなのだが、それでも次々と人が入っていく。

窓には大きく、2ème Prix Meilleur Boulanger Ile de Franceの文字が。

 

mmmmm
ヴィエノワズリーが手前

 

店内は一番手前にカスクルートやサンドウィッチの入ったケースがある。その次にパティスリーやキッシュが並べられていて、その奥にクロワッサンなどのヴィエノワズリーが。一番奥の、レジのそのまた向こうにバゲットやハード系のパンが並べられている。

 

mmmmmmm
バゲットはレジの向こう、一番奥

 

店内にできる行列に並んでいると、私の前の女性が3本残っていたバゲットトラディションを全部買ってしまった。思わず「あっ!」という声がでてしまって、あわてて口を押えた。日本でも時々あったなぁ、こんなこと。しょうがないからカスクルートだけ買って帰ろうかと考えていると、その女性の清算が終わったところで、私の注文を取らずに店員さんが店の裏に入っていった。

しばらく待っていると、バンジュウいっぱいに積みあげたバゲットトラディッションを持ってくるではないか!パリではランチタイムをとうに過ぎた時間帯でも、バゲットの売り切れはあり得ないのかもしれない。いやーいいですね。一人ですげー感動してた。

 

mmmmmm
Raphaëlle  ラファエル バゲットトラディッション

 

【スペック】

全長:57.8cm  全重: 275g 中心部の周囲: 16.8cm  高さ:4.3cm  幅: 6.6cm

【価格】

1.10€

 

mmmmmmm
ラファエル バゲットトラディッション  裏面

 

長さは60cm近い。かなり長めだ。

焼き色はダミアーニ同様、しっかり焼かれていて白くない。しかしこの大きさで、1.1€=約150円だ。安いなぁ、バゲット。

 

mmmmmm
バリッとしたクラスト

 

香りをかいでみると、日本の低温長時間発酵で出てくるような、甘いしょう油を焦がしたような香りがする!それもけっこう強め。これはいわゆる日本的と言っていいのだろうか。

クラストを指で押してみると、おぉ、硬い。かなり硬いよ、これ。じゃっかんの弾力は感じられるけど、明らかに抵抗が大きい。香りの方向性といい、指で触ったときの感触といい、ジュリアンやダミアーニのバゲットとちょっとタイプが違うな、これは。

 

mmmmmm
クラムはモチッと

 

カットしてみると、クラストはかなり厚め。でも焼成してからあまり時間がたってないせいか、硬く厚いのだけれども、その割には引きは強くない。パリパリという感じではなく、バリッという手ごたえで、裂けていく。

クラムは予想していたほど気泡が大きい訳ではなかった。もっとボコボコしているかと思ったのだが。意外ともッチリ感が残っているクラム。このクラストとクラムのバランスはめずらしい。

食べてみる。

一番感じるのはクラストの香ばしさ。

歯ごたえのあるクラストを噛みこんでいくと、何とも言えない香ばしさが来てもうこれだけで十分満足なのだが、にこにこしながらさらの噛んでいると最後の最後に酸味が出てくる。塩味は抑え目な感じなので、この最後の酸味が味を占めてる感じだ。

面白いなぁ、このバゲット。

粉の味わいももちろん楽しめて、どっしりした味わい。ちょっと日本的というか、日本で流行っているバゲットに似ている。なるほど、これが2013年のパリのバゲットコンクールの2位のバゲットなんだ。白い、焼きの甘いバゲットが流行ってるのも事実なんだろうけど、こういうバゲットが高く評価されているのも事実なんだね。

 

(平岩 高弘)

 

◆ Boulangerie Raphaëlle

Tel :  -

Adress : 1, rue  rue Feutrier, 75018

Open : - ~ -

Station  :  Barbès Rochechouart  ②④

HP  :     -

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。