コイエのクロワッサン パリ8区

パリの8区、メトロ2番線のテレネ駅のそばにあるChoier コイエでパンを買って、散歩がてら近くの公園まで歩いてみる。

 

mmmmmm
モンソー公園に向かう

 

散歩がてらといってもけっこう距離はある。目指す公園はモンソー公園。メトロでは2つ先の駅のそばいある公園だ。時間にして30分くらいは歩いただろうか。

ゲートを通って中に入ると、葉が落ちて冬の眠りについている木々と緑が鮮やかな芝のコントラストが見事ですっかり気に入ってしまった。

 

mmmmmmm
18世紀に作られたモンソー公園

 

モンソー公園は18世紀に作られた公園。かなりの広さがあり、全域を見ようと思うとかなり歩くことになる。

 

mmmm
冬の公園っていいですね

 

コイエでは時間が早くてまだカスクルートがなかったので、クロワッサンとパイを買ってきた。それをこの公園でゆっくり食べよう。

 

mmmmmmm
コイエ クロワッサン

 

コイエのクロワッサン。

写真でもわかるとおり、成形はけっこうざくっという感じ。

 

mmmmmm
甘みおさえめで、味わいが深い。

 

食感はソフト。甘みはかなり抑えめで、バターもあまり主張してこない。それでいて味わいは深くしっかりした風味を感じる。生地を飲み込んだ後も、うま味が口の中に広がっていく感じ。

まるで食事パンのような感じが少し。不思議なクロワッサン。個人的には好きだな、これ。

 

バゲット  コイエ
これが予想外の高評価!

 

アーモンドがびっしりのパイ生地は、見た目とちがって意外と歯切れがよく、さくっと軽く噛み切れる。もっと重たいのかと思っていたので、ちょっと意外。

 

mmmmmm
コイエ フランボワ―ズのパイ

 

タップリとはさまれたフランボワーズは甘みが抑えられていて、酸味がさわやか。これも意外でもっと甘く、重たく食べ応えがある感じを予想していた。

正直、全部食べきれないだろうと思っていたのだが、全然そんなことない。軽い生地、歯切れの良さ、抑えられた甘み。これいいなぁ、と思いながらどんどん食べてなくなってしまった。

これなら男でも全然行けそう。というか、また買いに行くと思う。

 

(平岩 高弘)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。