バゲットとカレーのプレート ル グルニエ ア パン

今日は東京メトロの半蔵門駅のそばにある、ル グルニエ ア パンのバゲット。

軽くてそれでいて味わいのあるバゲット。

 

mmmmmm
ル グルニエ ア パン  バゲット

 

今日はおもいっきり手軽で、おもいっきりおいしい食べ方を紹介しよう。

それはバゲットで食べるカレー。

カレープレートでもいいましょうか、とにかくカレーです。これがうまい!

 

本日の主な材料
本日の主な材料

 

【本日の主な材料】 1人前 バゲット1/2

カレー  レードル2杯程度

ピクルス  1本

サラダ用野菜 適量

ドレッシング 少々

 

バゲット ル グルニエ ラ パン
あたためます これで終了

 

とにかく今回はすごく手軽。前の日に作ったカレーの残りを利用するのだ。

いや、もちろんわざわざカレーから作ってもいいのだがこのお手軽さとおいしさを満喫するならカレーを作った翌日に食べるのがベスト。あるいはレトルトのカレーを利用。

 

mmmmm
バゲットは絶対にこうカットしてね

 

要はナンで食べるような本格的なインド式のカレーでなくてよいのだ。イヤ、むしろ日本式のカレーの方が味が凝縮していてバゲットとの相性がいいかもしれない。

バゲットは切り方にポイントがある。横に切る。断じて縦に切ってはいけない。横に切ることによってカレーを受け止める食感が生まれるのだから。

 

mmmm
「バゲットのカレープレート」とでも呼びましょうか

 

カレーを温めて、リベイクしたバゲットをカットしたら、はい出来上がり。

手軽るすぎてごめんなさい。

 

mmmmmm
これ最高においしいよ

 

バゲットを適当な大きさにちぎって、サラダやカレーをのせて食べる。

バゲットのドッシリした味の濃さ、しっかりした食感がカレーの複雑な風味をしっかり受け止めて何とも言えない風味をかもしだしてる。

ライスで食べるカレーもおいしいけど、このバゲット・カレーもまた別のおいしさがある。

 

mmmmmm
是非!

 

世にカレーパンというものがある。個人的に大好きなのだが、このバゲットとカレーの組み合わせはカレーパンを上回っているのではないだろうか。一つは、カレーがあつあつの状態で食べられることもある。カレーパンの場合、よほどタイミングが良くないと中のカレーをアツアツの状態では食べられないから。

でもね、はたしてカレーパンをアツアツにしても、このバゲット以上の味になるかどうか。かなりの味わいですよ、これ。水分の多いインド式のカレーならナンの方が相性がいいんだけれど、もっと煮込んだ感じのカレーならむしろバゲットの方がナンよりおいしいんじゃないだろうか。

騙されたと思って是非お試しを!

(でも口に合わなくても怒らないでねw)

 

(平岩 高弘)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。