GOSSELIN 5ème 2014 ゴセリ パリ1区

パリにやってきた。2013年12月以来、6か月ぶりにパリだ。

今回のパリ訪問の目的は3月に行われた2014年のバゲットコンクールの上位に入賞してたブーランジェリーのバゲットを食べてみること。それからそれ以外にの有名店にも行っていみたい。軒数はわからないが時間が許す限りまわってみるつもりだ。

 

mmmmmmm
ポンヌフ駅

 

まずはコンクールの入賞店を訪問してみよう。今日は5位に入賞したGOSSELIN(ゴスセリン)へ。GOSSELINがあるのはパリ市1区のサントノーレ通り。最寄駅はいくつかあるのだが、その中の一つが地下鉄7番線のポンヌフ。

実は調べてみると同じ名前のお店が7区にもあってどうやらそちらが本店なのかもしれない。詳しいことはよくわからず、すみません。ただ、今回5位に入賞しているのはこちらの1区のお店であるのは間違いないらしい。

 

mmmm
ポンヌフ 駅前の通り

 

ポンヌフ駅を降りると、目の前はセーヌ川。セーヌ川を背にして北に向かって200mほど歩き左に曲がるとサントノーレ通り。歩いていくと通りの左手にブラックを基調としたGOSSELINのエントランスが見えてくる。

 

mmmmmmm
GOSSELIN

 

1区でルーブルのそば、ということは住宅街ではない。地域の人を中心とした顧客層ではなく、観光客と周辺のオフィスの関係者がメインのお客様となるお店なのだろか。店舗の上にかかっている看板も何やら少しおしゃれ。フランスでは有名店でもこの手の看板が色あせていたり、電気が切れていたりするのことが多いのだけれど。

 

mmmmmmmmm
看板がおしゃれ

 

平日の午前中、10時前くらいにお店に着いた。バゲットや他のパンはしっかり並べてあったが、カスクルートはまさに今作っているとこらしく、わずかな量だけ並べられていて、時間がたつごとにお店の女性がいっぱい抱えて持ってきては棚に並べていた。

 

mmm
何時まで見てても飽きないんだよね

 

あまり並んでいなかったので。お店に入るとすぐに「ボンジュール、ムッシュウ」と話しかけられる。声をかけらるのはすごくうれしいのだが、じっくり見たいときはちょっと焦る。焦る気持ちをぐっと抑えて、きれいに並べられたパンたちを眺めていく時の緊張感もなぜか楽しい。

棚にある何種類かのバゲットの文字が読みやすく表示されたのも、住宅街の店舗ではないからだろうか。ざっと見たところバゲット トラディションがないようだ。こんな時でもあえてバゲットトラデションを注文してみることにしている。大概の場合、「うちはトラディションは無い」とは言われないようだ。トラディションに近いタイプのものを勧められるか、黙ってトラディションとして扱っている別名称のものを渡されることが多い。

 

mmmmm
バゲット アンスィエヌ

 

【スペック】

全長: 56.5㎝  全重: 261g  中心部の周囲: 17.8㎝  高さ: 4.2cm   幅: 6.8㎝

 

バゲット アンスィエヌ 裏面
バゲット アンスィエヌ 裏面

 

GOSSELINではバゲットアンスィエヌが出てきた。「アンスィエヌ」は「ふるくからの」という意味。トラディションと同じ位置づけなのかもしれない。

 

mmmmmmmm
クラストとクラムのバランスが絶妙

 

受け取ってすぐに指でクラストを押してみる。柔らかいなぁ。けっこな弾力だ。これだけの柔らかさがあるから、パリでは歩きながら小脇にかかえたバゲットをちぎって食べたくなるんだろうな。

表面をよくみると表も裏も無数の細い筋が何本も縦にはしっている。ここまでたくさんあるのはあまり見たことがなく、このバゲットの特徴になってるのかも。

 

mmmmm
クラムの気泡は大きめだ

 

細い筋が多いのと、高さがあまりなく多少平たい感じが印象的。

クラストは薄めなのだが、その割には引いてみるとけっこう強かった。口に入れてみると最初に塩の味の立ち上がりが早い。「あ、塩がかなり効いてるな」と思って噛みこんでいくと、その塩の風味がながくながく続いていく。塩の味の上に粉の風味が乗っかっている感じ。もちろん利きすぎているわけではない。塩の味わいで束させていく感じなのだ。だから私は全然バターが欲しいとは思わなかった。

そのクラストに、モッチリいしたクラムがいい感じでバランスしている。バゲットというとクラストメインか、クラムメインかという、どちらかにアクセントを置いたものになりがちだけど、このバゲットはクラストとクラムのバランスがいいというか、どちらも主張しすぎず、まるで「両方たのしんでね」と言われているよう。

おいしい。こういうバゲットもいいなぁ。

 

(平岩 高弘)

 

◆ GOSSELIN

Tel : 01 45 08 03 59

Adress : 125, rue Saint 75001 Paris

Open : 7:00 ~ 20:00

Station  : Point-Nenf ⑦

HP  :  http://www.boulangerie-patisserie-artisanale-paris1.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。