Baguette Life バゲットがおいしい バゲットがたのしい 

モッツアレラとトマトのサンドウィッチ AU PETIT VERSAILLES DU MARAIS オ プチ ヴェルサイユ デュ マレ パリ4区

2014年コンクール2位のブーランジェリー、AU PETIT VERSAILLES DU MARAISの最寄駅の一つであるSaint-Paul駅の出口に小さなメリーゴーランドがあった。

日本にも昔はこの手の子供向けの遊び場、施設がたくさんあったことを思いだす。デパートの屋上や、商店街の中にあるちょっとした広場など。いつのまにかこういうものは消えていってしまって、それがさみしいとも思わないようになっていた。

 

mmmmmm

Sait-Paul駅周辺  小さなメリーゴーランド

 

Saint-Paul駅以外にもいくつかの駅でメリーゴーランドが置かれていた。

それで遊んでいる子供たちの姿をみると、日本でもこういうものが復活できないものかと思う。

 

mmmmmmmm

ちょっとピントがずれててゴメン

 

とりあえず楽しそうな子供たちの写真を。

 

mmmmmm

がんばれ!

 

何歳ぐらいかな、3,4歳だろうか。

こういう姿は見ていて飽きない。

 

mmmmmmmmm

これ以外にもまだまだ種類あり

 

AU PETIT VERSAILLES DU MARAISでサンドウィッチを買う。ショウケースの中と上にどっさりと並べている中から自分のお気に入りを選ぶ。今回はモッツァレラとトマトのサンドウィッチを。

 

mmmmm

モッツァレラとトマトのサンドウィッチ

 

【スペック】

全長: 22㎝     全重:249g

 

mmmmm

このトマトがまたうまい!

 

本当はサラミソーセージのカスクルートを買おうとしたのだが、店員さんが間違えて隣にあったこれを取ってしまった。変えてもらってもよかったんだが、なんとなくこのまま買ってしまう。そしてこれが正解。

パンはもう、見てわかるとおりバゲットではなくもっと柔らかい生地のもの。それに何か穀物が練りこんである。なんだろう、黒ゴマ?いやでも風味はあまりゴマっぽくないんだよね。大きさもまちまちで、なんだろうこれ?

 

mmmmmmm

いくらでも食べられそう

 

でもね、これがうまい。

まずパンにたっぷりとオリーブオイルが浸みこませてあり、また細かく刻んだバジルもこれまたたっぷりとはさみこんである。レタスを敷いてあるのもうれしい。このレタスのおかげで、ぐっと全体の味わいがまとまってるように思える。

フレッシュなトマトとチーズ、バジルの組み合わせは王道なのだが、それとこのパンの相性がすごくいいのだ。生地がやわらかく、軽いかみごたえなのだが風味はしっかりと味わいがある。それが具材とケンカしないんだよなぁ。

それなりに大きさも重量もあるのだが、ペロッとたべてしまう。それでいて満足感たかし。おいしくて健康にも良さそうなところがいいね。

 

(平岩 高弘)

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation