パン工房 風見鶏 2014-09

今日は埼玉県さいたま市の東浦和駅から少し歩いた住宅街の中にある、パン工房風見鶏に。今年の1月に東急ハンズ渋谷店でおこなったバゲット・マルシェにご協力いただいた中の1軒なのだ。

 

mmmmmmmmm
パン工房 風見鶏

 

また全然違う話なんですが。

当初、このサイトというかブログといったほうがいいのか、とにかくバゲットについていろいろ書いていくこのウェブページでは極力、そのお店とそこで購入したバゲットにかかわること以外は書かないようしようと思っていた。理由はいくつかあって一つではないのだが、何について書いてるのかを明確にしたいと思っていたのもその中の一つではある。

パンについてとか、食べ物についてとか、どんどん対象が広がっていくとその分、何がテーマなのかが分からなくなってくる。だからバゲットから外れたことは一切書かないというルールを自分の中で持っていたのだ。

 

mmmmm
塩トースト 風見鶏を代表するパンの一つ

 

でも最近、食文化に関することだとか、料理に関することだとか、当初のそういうルールから外れるよういなってきた。いや、外れたくなってきたという方が正しいのか。

少なくてもフランスではバゲットはほぼ毎日のように食べられている主食であるということは同省もない事実であって、たとえ日本ではそうではないとしても、本来はそうゆうものなのだという観点を外していろいろ考えていくのは難しそうだということに気がついたということのようだ。

 

mmmmm
サンドイッチ どれもきれいだ

 

とにかく、今後はちょっとお店の紹介やそのバゲットと直接関係ないようなことも書いていこうかと。というか、少なくてもそれは、私の中では間接的にバゲッットにつながっていると思えているわけで、だからある程度必然性があると思って書いているわけなんですが。

 

mmmmmmmmm
塩枝豆パン

 

イタリアのトスカーナ地方のパン、スキャッチャータをイメージして作られた塩枝豆パン。

枝豆がたっぷりはいっている。

 

モチモチ
モチモチ

 

枝豆のさわやかな甘さと苦味が最高。

塩パンといってもしょっぱい訳ではなく、モチモチとした食感と自然な風味が特徴の生地。

 

mmmmmm
パン工房風見鶏 バゲット

 

【スペック】

全長:52.5cm 全重: 262g  中心部の周囲: 16.5㎝  高さ: 4.6㎝  幅: 5.8㎝

【価格】

324円

 

mmmmmmmm
裏面 バゲット

 

福王寺シェフのお話では、今年に入ってからは製法・原料ともに大きな変更はないとのこと。ただ、材料に使っている粉の中の一つ、黄金鶴の中身自体が少し変更になっているそうで、そこの違いから少しだけ軽い感じに仕上がるときがあるかもしれないとのこと。

 

mmmmmm
クラスト薄いよ

 

やはり全体の印象は変わっていない。

手に持った時の触感はやわらかく、クラスト自体に弾力を感じる。クラストがかなり薄いのだろうなぁと思わせるほど、ちょっと押したりつまんだりするだけで変形する。そしてやはりカットしてみると、予想通りクラストは薄いのだ。

 

mmmmmm
このクラムが魅力

 

福王寺シェフのバゲットの魅力はそのしっとりしたクラムにあると思う。しっとりといっても、妙に硬めで固まるような感じのものではなく、あくまでもやわらかで、引っ張ると伸びがあるクラム。口に中に入れても適度な抵抗のあとに溶けて消えていく。これだけでも十分に素晴らしいのだが、それに加えてもの状態が長く持続するのだ。時間の経過に対して劣化していくスピードが遅い、というとわかりやすいだろうか。もちろんバゲットなので限度があるのだが、けっこうな時間でこの状態がキープできるような気がする。

抑えられた塩味とあくまでうすめのクラストとが、このクラムのうまみを引き立てていて、こういうバゲットもいいなぁ毎回思ってしまうのだ。

(平岩 高弘)

 

◆ パン工房 風見鶏

Tel : 048-874-5831

Adress : 埼玉県 さいたま市 南区 大谷口 5338-6 

Open : 10:00~19:30

HP  :   http://kazamidori-pan.shop-web.org/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。