リエットのタルティーヌ  クルミ

今日はさいたま市見沼区にあるブーランジェリークルミのバゲットを。

朝焼きフランスパンというネーミングのこのパンは、太目の形状としっかりした焼成で、クラムもクラストも楽しめる。

 

KURUMI  朝焼きのフランスパン
KURUMI 朝焼きのフランスパン

 

せっかくのこの太さ、これを活かさない手はない。いつものカスクルートではなく、斜めにカットしてタルティーヌにして楽しもう。食材は何にしようかなぁ、野菜は今、高いしなぁ。

 

本日の主な材料
本日の主な材料

 

【本日の主な材料】  1人分  バゲット1/2

豚肉のリエット   約40g

トマ(中)      1ケ

パセリ        適量

ホワイトワインビネガー   大さじ 1

エキストラバージンオイル 大さじ 1

砂糖             小さじ 1/2

塩・コショウ          適量

 

mmmmmmm
トマトはマリネしますよ

 

野菜、高いですね、今。この間なんかキュウリが1本120円で、ぶったまげてしまいました。もちろん、どこかの百貨店の地下売場じゃないですよ、自宅のそばのスーパーでのはなし。いやーこういう時は自宅で野菜を作っておきたいあなぁと思うんだけど、忙しくて果樹以外はほとんど面倒みられてないし。

 

リエットのタルティーヌ
リエットのタルティーヌ

 

そんなことを考えながらタルティーヌの具材さがし。

とりあえず肉系はターブルオギノのリエットを購入することに。いやーまた今回も自分で作らずに買ってきてしまいました。いつか作りたいんですけどね、パテとか、リエットとか。でもなかなかそれだけの手間をかける時間がなくて。ついついお手軽に買ってきちゃうだよなぁ。きっとそのうち自分で作るんじゃないかと信じております。

 

mmmmmm
ちょっとピントが甘いけど おいしいよ

 

野菜はトマトとパセリで。トマトも安くないけど、仕方なし。これだけでも十分おいしく作れるし。

トマトは湯剥きしたあとに、適当な大きさにカットする。そしてワインビネガーに砂糖、塩、コショウを加えてよく撹拌した後にオリーブオイルを加える。砂糖は好みですけど、トマトの甘みに合わせて調節する感じで。今回はちょっと青みがあるものだったので気持ち多め。完熟なら少なめでもよし。

仕上げにレモン果汁をいれるとよりさっぱりに。

こののマリネ液にトマトを加えてよくなじませ、冷蔵庫で30分以上ねかせたらできあがり。ねかせる時間が長いほど、マイルドになりますよ。

 

mmmmmmm
これ最高!

 

あとは、斜めにカットしたバゲットを軽くトーストしてその上に材料をのせて出来上がり。

これだけでちょっとしたごちそうですよ。ブタのリエットはレバーパテなんかに比べるとずっと食べやすいので子供でも好きになる子は多いんじゃないかな。それにこのトマト。

甘酸っぱくて深みがあって、これもトマト嫌いな人にもぜひ食べてもらいたい。今日のは少し赤みが足りないトマトをつかったので、見た目がちょっとあれだけど、完熟モノやプチトマトを使うと鮮やかな赤色が出て本当にきれい。

手軽にできて、見た目も味も良いタルティーヌでした。またつくろっと。

 

(平岩 高弘)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。