第3回 利きバゲット祭り 2014-09

2014年9月21日、3回目の利きバゲット祭りを開催しました。

会場は今までと同じく、お台場のパレットタウンのそば、Zepp東京の2階にある東京カルチャーカルチャー。

 

mmmmmmmmm
今年の秋の利きバゲットは快晴!

 

今秋は晴天!

なんと今年は“大”がついて良いほどの晴天。昨年9月に行った第1回ではあわや台風直撃で休止か?という危機の中、一日ずれて何とかセーフという危うい開催だったのですが今回はそんな心配が全く必要がないほどの晴天。

 

mmmm
3回連続のSOLD OUT

 

お客様も安心して足を運んでいただいて無事開催の運びとなりました。

チケットも完売。というか、運営側が少し調子に乗りすぎて「100枚までにしてくださいね」という事前の打ち合わせはどこえやら、なんと120枚売ってしまうという暴挙に。

売れ行きのペースからそろそろ完売になるはずと思っていたタイミングでもなかなか売り切れないので、どうなってるのかなぁと思っていたところ運営側のスタッフから連絡が。

「平岩さん、120枚全部売れました!すごいですね!」

いや、100枚の約束でしょ。

 

mmmmmmmmmm
本日のバゲット みんな撮影しまくり

 

そりゃ、お客さんに多く来ていただいた方がうれしいのは同じなんですが、こちらとしてはバゲットや一緒に食べるおかずを人数分そろえておかなければならない。特にバゲットはかならずその日の朝に焼いていただいたものを食べていただくことにしているので、お客様の人数が増えれば各パン屋さんへお願いしている本数も変わってくる。

工業製品とは違って、パンは生き物だし、パン屋さんも自分のお店で出すパンの確保もしなければならないとなると、パン屋さんにしてもそんなに簡単に大量のバゲットは揃えられないんだよね。

 

mmmmmmm
ゲストの朝倉誠二シェフ

 

チケットの販売数をきいて、あわててパン屋さんに注文していいたバゲットの本数の増加をお願いしてみる。これが冷や汗ものなんだってことが、普通の人や運営サイドにはなかなかわからない。まぁそれはしかたがないし、うれしい悲鳴でもあるんだけれども。

幸いにして、今回はみなさん快くバゲットの追加を受けていただけました。本当にありがとうございました。

 

mmmmmmmmmm
この光景こそ利きバゲット 迫力あるでしょ?

 

こうして当日には無事に必要なバゲットがそろい、春の第2回のように私が遅刻することもなく、順調にバゲット祭りの準備がととのったのでありました。

イベントスタート

いよいよイベントスタート。

今回のゲストは高輪にあるブーランジェリー セイジアサクラのオーナーシェフ、朝倉誠二さん。

フランクでサービス精神も旺盛な朝倉シェフとの軽快なやり取りをしながらイベントスタート。司会はいつものシンスケ横山さん、平岩と石井久子さんが出演するのはいままでどおりですよ。

 

mmmmmm
いつものメンバーとゲストの朝倉シェフ

 

利きバゲットの趣旨やルール説明しながらも、早く食べさせろ感が会場に充満してくるのがわかる。いや、でもあれですから、ちゃんとルールとか守ってもらわないと困りますから。

 

mmmmmmmmmm
食べ比べ開始

 

そしてついに、食べ比べ開始。今日も本当においしい5種類のバゲットを揃えさせていただきましたよ~。落ち着いて味わって食べてくださいね~。後おかずが後から出ますから、それまでに全部食べちゃダメですよ~。

 

協賛のオリーブオイルが大好評!

今回もメゾン・イクス様からご協賛をいただきました。

前回はタプナードやペースを中心にご提供いただきましたが、今回はそれに加えてオリーブオイル。フランス産のオリーブオイル、カランケのアサンブラージュはスペイン産のものなどに比べても風味がやわらかで、バゲットとの相性が抜群。

 

mmmmmmmm
最高においしかったオリーブオイル

 

250mlで2,484円とかなり高級なオイルをなんと全員が試食できる分だけ提供いただきました。

これがおいしくて大好評!このアサンブラージュ以外のオイルの試食コーナーももお受けていただきましてこちらもかなりの行列ができてました。いやーオリーブオイルと一口にいってもこんなに味わいが違うとは。

 

mmmmmmmmmmmm
こちらはタプナード

 

もちろんオリーブをペーストにしたタプナードも今回いただいてます。これをバゲットにぬるだけで、最高のおつまみになるし、肉類やサーモンにちょっと添えるだけで風味の深みがグッと増してくる。

メゾン・イクスのホームページはこちら。

オリーブオイルやタプナードも買えますよ

 http://www.la-maison-d-ex.com/shop/

 

そして今回、バゲットライフの特製バッグとステッカーを作成。

会場で販売しました。デザインはイラストレーターのモチさん。

これがとってもかわいくできていて個人的にもかなり気に入っているんですが、会場でも大注目を浴びて好評でした。

 

mmmmmmmm
このイラスト 気に入ってるんですよ 特製バッグです

 

イラストを描いていただいたモチさんのブログはこちら。

かわいいイラストがたくさん見れますよ。

http://mochi-factory.littlestar.jp/blog/

 

mmmmm
平岩です

 

利きバゲットの特色は、お客さんと出演者の交友。

お客さんがバゲットを試食している間、私や出演者の石井久子さん、朝倉シェフがステージから降りて客席を回ります。そこでいろいろ質問されたり、お話したり。

ここまでしてお客さんとの距離を縮めるイベントも他にはなかなかないと思うんですよね。

 

mmmmmmm
こういう交友は利きバゲならでは

 

みなさんとお話して一番よく言われるのは、

「バゲットでもおみせによってこんなに味が違うとは思わなかった。」

ということ。

 

mmmmmmmm
司会のシンスケ横山さん

 

そして

「いままでこういう風に食べ比べてみる機会がなかった。」

ということ。

 

mmmmmmm
石井 久子さん

 

そして最後に

「バゲットっておいしい!」

と。

この一言をきくと、あぁ利きバゲットやってよかったなぁとしみじみおもいます。

料理も好評でした

バゲットの味をたしかめてもらった後にでてくる“おかず”。

残ったバゲットをおいしくいただくためのものです。

実はこれ、ほとんど会場のカルカルの厨房スタッフの手作りなんです。

 

料理はスタッフの手作りですよ
料理はスタッフの手作りですよ

 

毎回、事前に打ち合わせをして限られた予算の中でいかにおいしい食事を提供できるか話し合いながら決めています。

今回も、当日急に寒くなったので冷製を予定したスープを急きょ温製に変更してくれました。

 

mmmmmmm
スープもおいしかった

 

東京カルチャーカルチャーのスタッフの誠意に心から感謝です。

後半は海外の様子を

食べ比べをした後は、海外のパン事情をスライドで。

石井さんはニューヨークのパン屋さんの事情をレポート。

 

mmmmmmmm
石井さんのニューヨークレポート

 

平岩は6月に行ってきたパリのブーランジェリーについて。

時間が足りなくて全部のスライドの話しができなかった。しょうがないですね。

今回のブーランジェリー

いよいよ、本日の5種類のバゲットをご提供いただいたお店の発表です。

そう、イベントに参加されたことのない方はわからないと思いますが、ここまでの食べ比べはいわゆるブラインドテスト、どのお店のバゲットかは全部伏せてあるのです。

 

本日のバゲットの発表
本日のバゲットの発表

 

そして今回のバゲットをご提供いただいたブーランジェリーはこちら。

A: ポール

B: ブーランジェリー ジャンゴ

C: ブーランジェリー セイジアサクラ

D: ヒンメル

E: ル・ルソール

朝早くから、多くの本数のバゲットを準備いただいたブーランジェリーの皆さま、本当にありがとうございました。

 

mmmmmmmmm
バゲット 楽しい!

 

どのバゲットも本当においしくて、会場のみなさんの好みもさまざま。

でもお店ごとのバゲットの個性と、その魅力を十分に理解していただけたと思っています。最後に、プレゼント用に各店1本づつ残しておいたバゲットの獲得じゃんけん大会をやりました。

勝ち残った5名のみなさんはホントにうれしそうでした。

次回は2015年3月の予定です。ぜひまたここでお会いしましょう。

 

(平岩 高弘)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。