Baguette Life バゲットがおいしい バゲットがたのしい 

川越ベーカリー 楽楽

今日は思い切って足を延ばして川越まで来てしまった。

川越と言った段階でほとんどの方にはわかってしまったかもしれないが、そう、楽楽に来ているのだ。

 

mmmmmmmmm

川越ベーカリー 楽楽

 

川越ベーカリー楽楽。

初めてその存在を知ったのは実はそんなに前ではなく、2012年9月。ほんの2年前。パンフェスというパンのイベントで店主の上野岳也さんと前田農産の前田茂雄さんの講演をきいた時が最初だったのだ。この時、上野さんは前田さんとともに国産小麦の栽培状況や生産者の苦労を説明しながら、パンをはじめとした食品利用の拡大について熱く語っておられた。

 

mmmmmmm

パンのポップも楽しそう

 

楽楽のHPにも記載されているように、ここではすべてのパンを国産小麦100%で作っているという。ポストハーベストや国産小麦特有の風味。最近見直されつつある国産小麦だが、楽楽ほどお客様に国産小麦の認識について訴え続けているパン屋さんもまれなのではないだろうか。

 

mmmmmmm

北海道小麦のお話

 

けっして十分に広いとはいえないお店の中に、国産小麦の生産地の様子を伝える写真や上野さんの文章が所狭しと飾られている。みようによっては、商品であるパンのポップも国産小麦にかける思いの方が全面にでていると言えるかもしれないほどだ。

そんな上野さんの想いが詰まったパンは、其々が日本の食材の良さを活かすこと第一に考えられているように見えてとても興味深く、そしておいしい。

 

mmmmm

お味噌のパン

 

お味噌のパン。

秩父みそ使用。

 

mmmmmmmmmm

深みがあってもっちり

 

どんな味がするのだろうかと思って口に含んでみると、ほんのり甘い。みそ風味というものがストレートに出るのではなく、全体の風味にコクを与えるような、そんなみその役割。

シンプルにおいしい。

 

mmmmmmm

熟成バゲット

 

【スペック】

全長: 42.0㎝  全重:218g  中心部の周囲: 16.2㎝  高さ: 4.4㎝  幅: 5.6㎝

【価格】

290円

 

mmmmm

熟成バゲット 裏面

 

42cm とやや小ぶりなバゲット。

軽い感じの甘さを伴った香りとしっかりとした焼き色が食欲を掻き立てる。側面は硬く、押してみてもへこむ気配がない。クープも同様で、けっこうな硬さのクラストだ。

 

mmmmmmmmm

ライ麦と全粒粉入り もちろん国産

 

カットしてみるとここで初めて酸味を含んだ香りがたってくる。けっこう強めの酸味。このバゲットには北海道産のライ麦と全粒粉がブレンドされている。

予想どおり厚めのクラスト。

噛んでみると表面のパリッとした食感が最初に来て、その後に手ごわい硬さを感じる。その最初のパリッがいかにも気持ちいい。

 

mmmmmmmm

噛み込んでいくクラストがおいしい

 

厚いクラストを噛み込んでいくと、じわっとうま味が広がってくる。甘いというよりはうま味という方がいい感じの味わい。これが噛むほどに染み出てくる。塩の味わいもはっきり出ていて、このままバゲットだけを食べていても十分に満足できる。

クープの部分も噛み応えがあるのは同様で、噛んで噛んで、楽しめる。

おいしいね。このままずっと食べ続けられるおいしさ。

コクがあって満足感があるおいしいバゲットだ。

 

(平岩 高弘)

 

◆ 川越ベーカリー 楽楽

Tel : 049-257-7200

Adress :  埼玉県  川越市 元町2-10-13

Open : 7:30~17:00

HP  :   http://www.bakery-rakuraku.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation