デ・ガトー・エ・デュ・パン パリ15区

今日のパン屋さんはパリの15区にあるデ・ガトー・エ・デュ・パン。

最寄りの駅はメトロのPasteur駅。6番線と12番線が交差する駅だ。モンパルナス・ビエンブニュ駅から歩いてきてもさほど距離のない無い位置にある。

 

mmmmmm
メトロ Pasteur駅

 

ちょうどこの駅のすぐ手前から地上を走っていたメトロが地下に潜っていく。駅の出口から列車が地下に潜っていく様子、また地上に出ていく様子がよく見えて、思わず見入ってしまう。

 

mmmmmm
地下鉄が潜る様子がよく見える

 

パリの地下鉄は決して綺麗でもおしゃれでもなく、日本と比べてもやや薄汚れていたりするし何やら暗いイメージが伴うのだが、それでもなぜかこの街並みにきれいに溶け込んで違和感がない。

 

mmmmmmmm
ここにもエッフェル塔

 

15区のパン屋さんをめぐっていると、あらゆるところからエッフェル塔が見える。

特にこのデ・ガトー・エ・デュ・パンは駅から少し登った小高い丘の様な場所にあり、この近くから見るエッフェル塔は大きい。

 

mmmmmmm
Des Gâteaux et du Pain

 

デ・ガトー・エ・デュ・パン。今まで回ったブーランジェリーの内で初めて日本人のスタッフの方がいた。

「お菓子とパン」という店名が示す通り、パティシエがお菓子とパンを作るというコンセプトらしい。店内はまるでショコラティエの様な高級感あふれる作りで、今までのブーランジェリーと比べて異なる雰囲気。残念ながら写真の撮影は断られてしまったので画像でお伝えできないのだが、クリスマス営業ということもありあまり多くない種類のパンやお菓子が広々としたスペースにきれいに並べられている。店内と同様、黒で統一されたユニフォームをまとった店員が丁寧に接客してくれる。

 

mmmmm
ミニクグロフ

 

周囲はビジネス街のような感じが強く、ちょっと歩くと高層ビルもある。そういう意味では、住宅街に根付いたブーランジェリーというより、オフィス帰りのビジネスマンをターゲットにした高級志向のお店なのかもしれない。そういえばこういうコンセプトのお店にはパリで出会ったことがなかった。

 

mmmmmmmmmmmmmm
絶妙な甘さですよ、これは

 

ミニクグロフ。

砂糖が軽く振ってある。この甘さが絶妙。軽い食感にしつこくない絶妙な甘さ。

おいしい。

 

mmmmmmm
バゲット

 

【スぺック】

全長: 49.0㎝  全重: 305g  中心部の周囲: 18㎝  高さ: 5.1cm  幅: 6.3㎝

 

mmmmmmmmmm
バゲット 裏面

 

このバゲットをみて最初に感じるのが、その整った成形。

パリで食べるバゲットの多くは、少し曲がっていたり歪んでいるようだったり、太さが場所によって大きく変わっていたり、高さがバラバラだったり、日本のバゲット見慣れた人間からすると良くも悪くも個性的な形をしている。ところがこのバゲットはそういう部分が感じられない。まっすぐなところはまっすぐに、太さもかなり均一だ。

 

mmmmmmmmm
厚いけどバリッとしたクラスト

 

とても丁寧に成形されているようで、まるで日本のバゲットのようだ。そう、パリに来て見ると日本のバゲットがいかに丁寧に作られているかを肌で感じることができる。いい意味で、このバゲットは日本的なのだ。

 

mmmmmmmmm
クラムも楽しい

 

焼き色はしっかり入っていていかにもビアンキュイ。

見た目を裏切らない、濃厚で香ばしいかおりがする。指で押したクラストからは「ミシッミシッ」という音が聞こえてくる。このクラストいいなぁ。カットしてみるとかなり厚さのあるクラストなのだが、バリッとした噛み応えが心地よく、噛み切るのに苦労するような雰囲気はない。

味が濃いなぁ。噛み込んでいくと濃厚な味わいがジュワッと口に中にひろがる。塩味がかなり抑えられているので、味が濃くてもそれほど料理の邪魔にならないような気がする。やっぱりうまいね、これは。

クラムの目は少し大きめだけど、モチッとした感じも残っていてクラムもクラストも楽しめるタイプ。いろんな意味で日本のバゲットに傾向が似ているような気がした。

 

(平岩 高弘)

◆  Des Gâteaux et du Pain

Tel : 01 45 38 94 16

Adress : 63  boulevard Pasteur  75015 Paris

Open : 8:00 – 20:00

Station  : Pasteur ⑥⑫

HP  :  www.desgateauxetdupain.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。