LE SUCRÉ-COEUR ルシュクレクール

今日の記事が今回の関西遠征の紹介の最後。

おうかがいしたのは大阪府の吹田市岸部北にあるBOULANGERIE LE SUCRÉ-COEUR  ルシュクレクール。

 

mmmmmmmmmm
ブーランジェリー ルシュクレクール

 

住所を調べて地図を見てみるとJRの岸辺駅からけっこう離れていて徒歩ではちょっといけそうにない。今回は新大阪駅でレンタカーを借りて車でお店まで移動した。時間ははっきり覚えてないのだが片道25分ぐらいだったかなぁ。

 

mmmm
この雰囲気 好きです

 

到着してみると、まるでそこだけパリの様な鮮やかな赤に彩られたブーランジェリーが目に入った。おぉ、これは初めて来てもすぐにわかるね。そしてその雰囲気に触れただけで、これから食べるパンの満足度がわかるような気がしてくる。

 

mmmmmmmm
一番右がパンラミジャン

 

店内に入るとイートインのコーナーがあり、一番奥にショーケース。その中に並べられているパンは、どれも焼き色がしっかりついていて、個性的な風味を予想させるものが多い。いやーこういう雰囲気良いですよね。

ライ麦と全粒粉をつかったパンラミジャンやカボチャの種を使ったパン、ヒマワリの種を使ったものなどなど、どれも食べてみたくなるものばかり。8種類のおためしセットもあってこれはお得。

 

mmmmmm
ノアレザン

 

ノアレザン。

クルミがびっしり。

 

mmmmmmmmm
このクルミの量を見てちょうだい

 

甘みと酸味のバランスが最高。

 

パン オ ショコラ
パン オ ショコラ

 

パン オ ショコラ。

見た目以上にこうばしさを主張。

 

mmmmmm
ショコラはビター

 

ショコラはかなりビターな風味。バターの風味が抑え目。

初めて食べる風味だと思った。もちろんおいしい。

 

mmmmmmmm
バゲット

 

【スぺック】

全長: 45.5㎝ 全重: 237g  中心部の周囲: 20.5㎝  高さ: 5.2㎝  幅: 7.3㎝

【価格】

320円

 

mmmmmmm
裏面 バゲット

 

バゲットもその姿から個性的で存在感がある。

長さは45㎝前後で中心部がグッと太くなった形状。そしてなにより、その焼き色が「オレはこうばしいぞ!」ッと言っているのが聞こえてくる。

 

mmmmmm
クラストは厚い

 

クラストは厚そうだ。

それでも形状から来る理由が大きと思われるが、中心部のクラストを押してみると意外と弾力がある。もちろん先端の方にいけばもうそれはかなりの硬さ。この場所によって食感も、クラストとクラムのバランスの違いも楽しめるのがこういう形状のだいご味だよね。

 

mmmmmmmmm
クラムの舌触りを楽しむ

中心部に近いところを食べてみる。味わいがしっかり。気持ちの良い、ちょっとした苦味とともに粉の味わいが力づよく立ち上がってくる。広がってくるのではなく、瞬時に立ち上がってくるような感じ。塩の味は控えめ。酸味もさいよはほとんど感じない。ドスンというような深い味わいがストレートに出ている感じだ。満足感あるなぁ。

中心部のクラムがまたしっとりもっちり。クラムもおいしいな。口の中で溶けるという感じではなくて、しっかり舌触りを楽しみながら食べるクラム。そして飲み込む間際に、はじめは感じなかった酸味が少しだけ顔をのぞかせる。

このバゲット、また食べたくなりますね。

(平岩 高弘)

◆ ブーランジェリー ルシュクレクール

Tel :  06-6384-7901

Adress :  大阪府 吹田市 岸部北5-20-3

Open :  8:00 – 19:00

HP  :  http://www.lesucrecoeur.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。