メゾンランドゥメンヌ

今日は麻布台にできたばかりの話題のお店、メゾンランドゥメンヌのレポート。

東京メトロの六本木一丁目駅から少しはなれていそうだなぁと思いながら飯倉片町交差点の方面に歩いていくと、意外と早く到着。

 

メゾンランドメーヌ
メゾンランドゥメンヌ

 

オープン当初はかなり長行列ができている様子がいろいろなメディアンに取り上げられていたが、少し時間をおいてきたつもりだったこの日もやはりそれなりに人は並んでいて、取材用のテレビカメラも入っているし、まだまだオープン当初の熱気が冷めやらぬ状態といった感じだった。

 

mmmmmm
ハード系もしっかり

 

人気のクロワッサンもそれ以外のパンも、売れるそばからどんどん補充されていく。

 

mmmmmmm
mmmmmmm

 

この時はバゲットが3種類。バゲット、トラディション・セレアル、トラディション。時間によって日によってメニューが変わるのかはわからない。

驚くのはその価格、バゲットがなんと180円。トラディションが220円、トラディション・セレアルで280円。この場所でこの価格は驚異的。パリの価格を意識しているのかどうか。

 

パン・オ・ショコラ
パン・オ・ショコラ

 

パンオショコラ

手に取った感じがちがう。

ソフト、とにかくソフト。

 

ソフト、まさにソフト
ソフト、まさにソフト

 

パリッとした皮ではなくソフトな皮の中身はしっとりと。

甘さも抑えめ。

 

バゲット トラディション
バゲット トラディション

 

【スペック】

全長:42.0㎝ 全重:281g 中心部の周囲:20.8㎝  高さ:5.7㎝  幅:7.3㎝

【価格】

220円

 

バゲット トラディション 裏面
バゲット トラディション 裏面

 

その中でトラディションを手に取った。ビアンキュイな焼き色が気に入ったから。ちなみにバゲットの方の焼き色はライトな感じで、味わいは大きく違っていそうだ。

42㎝とじゃっかん短めながら5.7㎝としっかり高さがある。

指で押してみると、表面がパリッとしていながらも全体的にはだいぶ弾力があるほうだ。ちょっと力を込めるとメリッという音とともにへこんでいく。

 

mmmmm
クラストの引きはそれほど強くはなく食べやすい

 

カットしてみると最初に目につくのはクラムの白さ。焼き色が濃いだけにこの白さがいっそう映える。

そんなに引きが強いわけではないクラストをちぎってクラムと一緒に口の中に入れてみる。クープのところのパリパリとした歯ごたえの後に印象に残るのはやはりクラムのしっとりとした感触。クラムを楽しむバゲットなんだなぁ。酸味はほとんど感じない。塩の味わいも随分と抑えられているようで、最初からバターをつけて食べたくなる。

 

mmmmmm
クラムを楽しむバゲット

 

料理や合わせて食べるものの風味を邪魔しないようにということなのか、いい意味で出っぱったところが感じられない。

全体の印象も軽すぎるわけでもなく、どっしりと重い訳でもない。クセがないという感覚よりもさらに一段、いろいろと抑え込んでいるような印象。まさに料理のためにあるバゲットのような気がした。

 

(平岩 高弘)

◆ メゾンランドゥメンヌ

Tel  :        03-5797-7387

Adress  : 東京都 港区 麻布台 3-1-5

Open  : 7:00~20:30

HP  : http://www.maisonlandemaine.com/jp

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。