Baguette Life バゲットがおいしい バゲットがたのしい 

ビゴの店 鷺沼

今日は鷺沼にあるビゴの店に。

以前にいったエスプリ・ド・ビゴと同様にビゴさんの名前の付いたブーランジェリーだ。東急田園都市線の鷺沼駅から歩いてすぐのところに。

 

ビゴの店 鷺沼

ビゴの店 鷺沼

 

エントランスにはビゴさんの大きな写真がかけてある。2階はCafé de BIGOTとなっていてイートインができる。そして店内にではなく外の立て看板にフランスパンの焼き上がり時間が書いてあるのがいかにもこだわりがありそうでうれしい。曜日によって多少ことなるようだが、基本的に1日5回の焼き上がりがあるとのこと。

 

mmmmmm

ハード系がドンとあります

 

店内に入って左側がパティスリー、右側がブーランジェリーになっている。

ブーランジェリーの真ん中は、バゲットスペシャル、バゲットやバタールなどのハード系がどんと場所をとっていて種類も多くボリューム感もたっぷり。

こういう雰囲気だけで楽しくなるなぁ。

 

mmmmm

クロワッサン

 

もちろんクロワッサンもある。

 

mmmmm

フォカッチャ・プロバンサル

 

フォカッチャ・プロバンサル

ドライトマトの風味が絶妙。

 

パン・オ・ショコラ

パン・オ・ショコラ

 

パン・オ・ショコラ。

サクサク、パリパリというよりも、しっかりしていて少し弾力があるような印象の生地。

 

mmmmmmm

チョコレートの甘さ

 

甘みが抑え目でチョコレートの風味が引き立つ。

 

ビゴの店 バゲット

ビゴの店 バゲット

 

【スペック】

全長:56.0㎝  全重:235g  中心部の周囲:17.4㎝  高さ:4.6㎝  幅:6.1㎝

【価格】

303円

 

裏面 バゲット

裏面 バゲット

 

今日かってきたのは普通のバゲット。スペシャルバゲットの方はフランス産の粉を使用していて味もしっかりしたものだが、こちらは軽くて食べやすいタイプ。粉は聞いてくるのを忘れてしまったのでわからないが、たぶん北米産のものを中心にブレンドしたものを使用しているのかなぁ。あ、これはあくまでも個人的な推測なので、実際はわかりません。

 

mmmmmmmm

クラストの軽さ

 

手にとってみても、軽いという印象が一番。そしてクラストがパリパリ。指に少し力をいれて押してみると、最初に少しだけ抵抗があってその後にパリッという音とともに指が沈み込む。

 

mmmmmmm

クラムは口どけがいいよ

 

とにかくこのバゲットはクラストの歯ごたえがすべてといっていいくらいその食感が気持ち良い。それを楽しむためには硬めのバゲットでよくやるような、適度にちぎってから口に入れるような食べ方は絶対にしてはいけない。そんな食べかたではこのクラストの持ち味が活きないのだ。大きめにカットしたバゲットに直接かぶりついて、歯で直接噛み切るようにして食べるのが最高。パリッという音が体中に響くようでなんとも心地よく、いくらでも食べられるような気がしてくる。

塩味は抑えめなので、個人的にはバターが欲しくなる。しっかりバターをぬっていただく。底の部分はかなり厚めなのだが、ここもやはり心地良くかみ切れる。全体をつうじて軽く心地良い食感というところが徹底していて矛盾がない。

むぅ、いくらでも食べちゃうな、これ。

 

(平岩 高弘)

◆ ビゴの店 鷺沼

Tel : 044-856-7800

Adress : 神奈川県 川崎市 宮前区 小台 1-17-4

Open : 9:00~18:00

HP :  http://bigot-tokyo.co.jp/ 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation