Baguette Life バゲットがおいしい バゲットがたのしい 

タルイベーカリー 201509

今日は小田急線の参宮橋駅のそばにあるタルイベーカリーに。

前に書いた記事は2012年11月なので3年ちかくたってしまっている(前の記事はこちら)

 

mmmmmm

タルイベーカリー

 

でもお店の様子は何もかわらない。道路からちょっとおりたところに木でできた温かみのあるエントランス。ガラスが多くて外から中の様子が良く見えて、初めて来た人もちょっと入りたくなってしまう何かを感じさせる雰囲気。

 

mmmmm

ほっとするような温かみ

 

中に入るとあまり量が置けないに棚に選りすぐりのパンが並べられているのも以前のイメージどおり。ポップがローマ字から日本語になっていることがちょっと違うくらいかな。温かみがより増しているような感じがする。

 

mmmmmm

フィグアーモンド

 

フィグアーモンド。

もうね、一目見て釘づけ。

 

mmmmmm

フィグたっぷり

 

中には甘すぎないフィグとアーモンドがしっかり。もちろんこのままでもおいしいが、クリームチーズをぬったらきっと最高。

 

mmmmmmmm

バゲット

 

【スペック】

全長: 37㎝  全重: 237g  中心部の周囲: 22㎝  高さ: 6.2㎝  幅: 7.8㎝

【価格】

320円

 

mmmmmmm

バゲット 裏面

 

この日のバゲットは午後に焼きあがったもの。

クラストは弾力があって優しい感じが伝わってくるようだ。「早くたべろー」っと話しかけているようなそんな雰囲気に溢れている。

 

mmmmmm

クラムは引きが強いよ

 

クラストの引きはしっかりあって、自然自然に噛みこんでいくことになる。最初に塩の味わいが感じられて酸味も同時に膨らんでくる。塩の印象はすぐに消えるのだが酸味の方はほどあい良く、ずーっと口の中に残っている感じ。

おいしいなぁ、こういうのも。最近、気のせいか酸味の強いバゲットが減ってきているような気が。お客様の嗜好がカンパーニュのほうに移っているのか、それともあまり酸味がないほうが好まれるのか。酸味がないものはトラディションで楽しむとすれば、いざ酸味が欲しいときはしっかりあったほうが良いと思うのだが。いや、もっと来なければいけませんね、頻繁に。

 

mmmmm

クラムは少し色の濃いタイプ

 

クラムもクラスと同様、口の中で存在感を出すタイプ。このクラムもおいしい。なんというか、満足度が高いのだ。いい感じで口の中に残り、いい感じで消えていく。さっと溶けるのではない分、クラムとしての味わいを十分に楽しめる。

美味しいですね、ほんと。

 

(平岩 高弘)

◆TARUI BAKERY  タルイベーカリー

Tel  :        03-6276-7610

Adress  : 東京都渋谷区代々木4-5-13レインボウビル1F

Open  : 10:00~19:00

HP :  ‐

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation