ブーランジェリー・ジャンゴ 2016-01

新年あけましておめでとうございます。

2016年の第一号の記事はブーランジェリー・ジャンゴ。練馬区の西武有楽町線新桜台駅にある。もう何度かご紹介しているBaguette LIfeではお馴染みのブーランジェ―リーの一つ。

ブーランジェリー・ジャンゴの過去の記事はこちら

http://www.baguettelife.com/2014/07/29/django_2014-07/

http://www.baguettelife.com/2013/06/26/django/

 

mmmmmmmmmm
ブーランジェリー・ジャンゴ

 

ジャンゴは1月の年始も営業。たぶん今年に限らず例年そうだったように思います。そして正月年始の特別メニューがあるということで、三が日にちょっとお邪魔してみました。

 

mmmmmmmmm
特製メニューからどんどん無くなっていきました

 

お昼時というタイミングだったこともあり、お客さんがお店の外まであふれている。やっぱり正月でもパンが食べたいんだなぁ、みんな。年末に買いだめしたパンもそろそろなくなるころだしね。

もちろんいつどおりの商品もそろえてある中で、何種類もの正月特製パンが準備されている、はずだったのだがけっこう売り切れが続出してるなぁ。やっぱりみんな目ざとい。

グリエ―ルチーズ、ニンニクにプロシュートも入っている゛ユリ根のクロワッサン”や

゛レンコンのクロックムシュ”、それに゛肉ときのこのテリーヌサンド・ 鴨フィレ入り”とか゛鴨フィレ入り特製ミートパイ”とか完全に品切れ状態。まぁそうだよね、名前きいただけでもう食べたいと思うようなものばかりなんで、目の前にあったら手が出ちゃうよね。

 

mmmmmmm
抹茶と黒豆のエスカルゴ

 

抹茶と黒豆のエスカルゴ。

これも三が日特製メニュー。緑の部分がピスタチオとおもいきや、実は抹茶。

 

mmmmmmmm
あっさりと上品な風味

 

適度な甘さ。エスカルゴとしてはサクサク感が強い素地に抹茶と黒豆があっさりとした甘みを添えている。くどくなく、上品なエスカルゴ。

 

mmmmmmm
ビーツのバゲットとビーツのエピ

 

なにこれ?という強烈なインパクトがあったのはビーツのバゲット。実はこれがお目当てだったのだが、早くもハーフを1ヶをのこしてすべて完売とのこと。残念だけど、でもハーフでも手に入っただけよかったかも。エピも売り切れ寸前だった。

 

mmmmmmmmm
ねっとりとしたクラム このクラムは楽しい

 

この色はもちろんビーツから出ているもの。川本シェフによるとビーツをピュレにしてそれを80%加えて素地を作っているとのこと。ベーコンエピもバゲットと同様の素地を使用。

川本シェフといえば昨年のシュト―レンにもルージュのシュト―レンを出していて、それがビーツを使ったっものだった。このままビーツのパンをスペシャリテにしていくのかもしれない。

 

mmmmmmmm
このクラムが普通のエピとは別次元の味わいを出してくれる

 

バゲットの香りをかいでみると見た目のインパクトと比べて意外にもおとなしいというか、良い意味で普通のバゲットと大きく変わらない印象。バゲットらしい「シンプルに小麦を焼いた香り」がしっかり感じられて、それに少しだけ甘みが加わっているなというこのバランスは、ただの変わり種のバゲットではないぞというシェフのメッセージをはっきりと伝えてくる。

かなり厚めのクラストをちぎって口に入れてみると、ここで初めてビーツの上品な甘みが口の中にふわっと広がりすぅーと消えていく。おぉなるほど、これはいい。バターやオイルは必要ない。これだけでどんどんいけるような、味わいがある。そして特筆すべきはクラム。ビーツを加えた効果なのだと思うのだが、かなりねっとりとした粘りのある舌触りになっていてこれがまた楽しい。これは新しい体験で、ビーツのおかげで一段深みが出た風味を、ねっとりこってりとしたクラムがさらに強調してくれている。

まさにこの効用がよりいっそう発揮されていたのが、ビーツのベーコンエピ。

エピというと、ともすればカリカリのベーコンとガチガチのクラストの組み合わせだけが目立って、どうももうすこし風味を膨らませるためのしっとり感が欲しいと思えるものが少なくないのだが、これはそういう不満が全くない。しかもビーツのとベーコンの風味が絡み合って、いわゆる普通のベーコンエピとは全く次元の違ううまみを出している。これおいしいなぁ。ベーコンとビーツってあうんだね。もともとビーツはボルシチに使われる材料だから肉や他の野菜との相性もいいのだろう。

このエピ、普段でも売ってくれないかなぁ。

(平岩 高弘)

◆ ブーランジェリー  ジャンゴ

Tel  :     03-3994-7800

Adress  :  東京都 練馬区 栄町17-3 

Open  : 9:00~19:00

HP  : http://la-boulangerie-django.blogspot.jp/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。