Baguette Life バゲットがおいしい バゲットがたのしい 

新しいタイプのパンの教室「Bien Cuit」開設と「Bien Cuit体験レッスン」のお知らせ

bian cuit

 

こんにちは。Baguette Lifeの平岩です。

このたび私たちは、パンを作ってパンを食べるパンの教室「Bien Cuit」をたちあげました。”Bien Cuit”と書いて”ビアンキュイ”と読みます。「良く焼けた」という意味のフランス語です。

 

パリのブーランジェリーにきたお客さんが、目の前にある大きな籠にドサッと立てかけてあるバゲットの中から、とくにしっかりと焼き色のついた良いものを選びたいときに店のマダムにかける言葉だったりします。ただしバゲットの場合は語尾にe がつきますが。

 

“ Madame,bien cuite,s’il vous plaît ! ”  「良く焼けているやつをお願いしますよ!」

 

焼きたてであたたかく、こうばしい香りを周りにはなっている山積みのパンに、それを早く手にしようとうずうずしながら並んでいる人たち。受け取ったお客さんはお店を出ると、バゲットを脇にかかえて歩きながら待ちきれないようにバゲットの先をちぎって口に運びます。

日常におけるパンの素晴らしさが凝縮されているような光景です。

 

そんなパンの魅力をつたえるレッスンを実現したいという想いからBien Cuitはうまれました。

 

■ Bien Cuit の3つの特徴

せっかくこれから新しいパンの教室を始めるのですから、ちょっと他には無いものにしたいと考えました。その特徴をごく簡単にお話しします。

 

食文化としてのパンを考える

ただ単にパンの作り方だけを伝えるのではなく、ちょっとした工夫でぐっと楽しくなるパンの食べ方など、我々の生活を豊かにするような食文化としてのパンに触れるレッスンを目指しています。

 

プロの中のプロが本気で考える家庭でのパンづくり

プロのパン職人向けの講師をもつとめる、有名ブーランジェリーのシェフが先生です。他ではなかなか答えが見つからないような、普段の家庭でのパン作りの中でうまれる様々な疑問や悩みにも、わかりやすく適切にこたえてもらえることと思います。

 

とにかく楽しむ!

レッスンは堅苦しい授業とは正反対。シェフの個性が全開でパンづくりの信念が伝わってくるような、そしていろいろな質問がどんどん出てくるような、会話があふれる明るく楽しい雰囲気がいっぱいです。

 

■ まずは体験レッスン

コースになっている正規のレッスンに先立って、まずはBien Cuitを体験してもらうためのレッスンを準備しました。

 

日程: 3月9日&3月11日

それぞれ独立したレッスンですから、どちらに申し込まれてもBien Cuitの雰囲気を感じることができると思います。もちろん両方に申し込むことも可能です。

 

講師: nemo Bakery 根本シェフ&ボンヴィボン 児玉シェフ

根本シェフと児玉シェフ。どちらもプロのパン職人向けの講習を何度もおこないメディアにも幾度も取り上げられている有名シェフです。

 

場所: 渋谷駅から徒歩数分の立地

渋谷駅から歩いてすぐという、とても便利な場所で開催します。

 

詳しいレッスンの内容と申し込みについては以下のBien Cuitご案内ページをご覧ください。

 

http://baguettelife.com/biencuit/index.html

 

これからもBien Cuitをよろしくお願いいたします。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation