Baguette Life バゲットがおいしい バゲットがたのしい 

パンとスープのコラボ!期間限定!MMC Soup Cafe にいってきた

Baguette Lifeやパンの教室のBien Cuitでいろいろとお世話になっておりますエム・シーシー食品株式会社の水垣様から、期間限定(8/23~8/29)でオープンする「MCC SOUP Cafe by Yoshiko Kris-Webb」のレセプションに招待いだだきました。

MCC SOUPといえば、ワンランク上のおいしさを手軽に味わえるスープのラインアップが充実していて私の主催するイベントや教室でもかなり好評。場所も表参道ということで雰囲気も含めてスープを楽しめる催しなのかなと。

そしてなによりスープとセットで供されるのが池尻大橋のTOLO PAN TOKYOの特別製のパンときいてはいかないわけにはいかないじゃないですか。(→TOLO PAN TOKYOの記事はこちら

 

mmmmmm

期間限定オープン MCC Soup Cafe

 

明治神宮駅まであり、JR原宿駅から歩いても数分。わかりやすい場所にあるカフェ「Tokyo Apartment Cafe@Harajuku」には、ウインドーに今回のために特別に描かれたスープの食材をデザインしたイラストとロゴが入っていてすぐに見つかります。中は広く、大きく外光を取り込んだ席はヘルシーなランチを楽しむのにとても気分が良さそう。

カフェのネーミングにもあるとおり、コンセプチャルな部分を担当されたのが雑誌『VERY』の専属モデルでありコラムニストでもあるクリス-ウェブ 佳子さん。そう、このカフェの魅力的な仕掛けを考えて、そしてTOKO PAN TOKYOの田中シェフのパンにこだわって強く希望したのも彼女なのです。

 

mmmmm

クリス―ウェブ 佳子さん

 

暑い夏。

日本ではパンも売れ行きが悪くなる野がこの時期。スープとなるとさらに縁遠くなりそうだ。なぜこの時期に?という想いもあり、クリス―ウェブ 佳子さんと少しお話しをさせていただいた。

 

平岩(以下「H」):スープってめずらしいわけではないし身近なようでいて、よく考えてみるとそれほど日常的に食べることがあまりない、代表的なものの一つのような気がするのですが。

クリス―ウェブ 佳子さん(以下「Y」):そうなんです。私の仲にももっともっとスープを食べるようになった方が良いのにっていう気持ちが今回のお話のベースにあって。

H : 私もバゲットのサイトを運営してるんですが、バゲットもまったくそういう意味では同じカテゴリーなんですよね。しかも夏はさらに食べない(笑)。

Y : 本当は夏にこそ暑いものを食べた方がいいんです。ロンドンで良く立ち寄るインド料理のレストランのオーナーからよく言われるんです、「暑い日には熱いお茶が一番なんだ」って。

 

mmmmmmm

かぼちゃのスープのセット

そのオーナーのお話を簡単にまとめてみると、こういうことらしい。

人の体は温かい物を食べると舌の一過性受容体電位チャネルという部位が脳に信号を送り、その結果、人間は汗をかいて熱を放出するという仕組みになっているらしい。そして温かい物を摂取すると、内臓が温められて、基礎代謝が上がり、血流も良くなり、痩せやすい体になるという効果もあると。

カフェにあるメニューを見てみると、12種類あるスープのうち、冷製が一つもなく、全て温製のものばかりだ。なるほど、これは徹底しているというか、夏のスープというものの位置づけをはっきり示している。

Y:特にオフィスで働く女性って、冷房で体がかなり冷えてしまういます。一枚羽織ったり、ひざ替えたりしたりしてる人がすごく多くて。そういう時にランチで温かいスープで体を温められたらすごくいいだろうって思うんです。だから、夏こそ温かいスープです。

 

mmmmmmmmmm

オニオンスープのセット

私自身、バゲットに関していろいろな人と話をしたりしてみて思うのは、それを食べるシーンがすごく狭いこと。いや、バゲットに限らなくてもカンパーニュ、コンプレ、などなどハード系のパンの場合は本当に極端なことが多く、いやゆるしっかりと準備した肉や魚のプレートに、ワインを添えてハード系。

間違いではないけど、もっと手軽に楽しんでいいんじゃないかと思う。それに一番わかりやすいのが、サラダとスープ。でもそう言うと、サラダは簡単だけどスープはチョットね、という人は実に多い。そう、スープはまだ食文化としてはこれからの領域のように思う。

パリに行くと、スーパーで売っているスープのバリエーションがものすごく多い。メーカーも様々、価格帯も様々。ベースになる野菜も本当に多い。それだけ、なくてはならないものなんだなっていうことがすぐに感じ取れる。そして実際に買って食べてみるとこれがまたおいしいのだ。

 

mmmmm

差し込む外光が気持ちいいよ

 

Y:本当にそうですよね。日本でも手軽にパンとサラダと温かいスープという食事をもっと多くの人に楽しんでもらいたいと思っているんです。特に朝は時間がないなかで手軽に準備できるスープがもっと広がっていっていいと思っています。

 

mmmmmmm

ボルシチのセット

 

H:なぜTOLO PANさんを選ばれたんですか。

Y: TOLO PAN TOKYOさんのパンが本当に好きで。週に少なくても4回ぐらいは食べています。今回、田中シェフにお願いしたところ、スープに合わせて特別に作っていただくことになりまして。本当に感謝しいています。

H:それはかなり頻繁にいってるんですね(笑)。パリだと毎朝焼きたてのパンを買いに行って朝食をとることが当たり前だったりしますが、それに近い頻度。

Y:TOLO PANさんも朝の7時から営業されてるんです。ホントそういうのがうれしい。

 

今回のスープに合わせたTOLO PAN TOKYOのパンは2種類。まるい形のものとクッペ形のもがあり、双方ともクラムをくりぬいてスープの器としてサーブされてくる。スープとサラダを楽しみにながら、徐々にスープの風味がしみ込んだパンを指でちぎりつつ、食べる。

私はボルシチのセットをお願いしたのだが、パンその物にほどよい酸味があってこれがまたボルシチにあうのだ。うん、おいしい。

 

mmmmm

このランチョンマットに彩をそえるために専用のカラーペンが準備されている

 

他にも、クリス―ウェブ佳子さんごご指名のでデザイナーがデザインした色を塗って楽しめる美しいランチョンマットが用意されていたり、室内の装飾が楽しめたり。パンもいかにも田中シェフらしく焼き色の濃いもので、ビジュアル的にも食欲をそそられる。

 

このイラストを目印に

このイラストを目印に

 

システムとしては本来のカフェのフードメニューに合わせる形で4種類が用意されています。

■11:00―15:00のランチタイム

TOKYO APARTMENT CAFEの通常ランチメニューをご注文頂いた全ての方に、「朝のスープシリーズ9種」からお好みのスープ1種を無料提供。

 

■11:00―18時のランチ&デイタイム

MCC SOUP CAFEオリジナルランチセット (パンの器・サラダ・ドリンク 500円) に、塗り絵が楽しめるオリジナルランチマットが付いてきます。「朝のスープシリーズ9種」から日替わり3種をご用意していますので、お好みのスープをお選びください。(スープのおかわり自由)

 

■ 18:00―23:00のディナータイム

TOKYO APARTMENT CAFEの通常メニューをご注文頂いた全ての方に、食前スープとして「ディナースープシリーズ3種」からお好みのスープ1種を無料提供。

 

■18:00-23:00のディナータイム

300円で12種類のMCCスープシリーズ「朝のスープシリーズ9種」と「ディナースープシリーズ3種」を、おかわり自由のオーダーバイキング形式で提供いたします。

 

mmmmmm

いろいろと聞かせていただきましてありがとうございました

 

期間限定なのが残念なくらいなMCC Soup Cafe。

表参道まで足をのばせるかたは、ぜひのぞいてみてはいかがでしょうか。

 

■期 間:2016年8月23日(火)〜8月29日(月)

■営業時間:11:00〜23:00

■住 所:TOKYO APARTMENT CAFE (MAP)

〒150-0011 東京都渋谷区神宮前1-11-11

※公式なリリースはこちら

http://www.mccfoods.co.jp/news/sakata/37a0cc8ffdac84681020775e600d9f1d8e608789.pd

 

(平岩 高弘)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Post Navigation