第2回レ・アンバサドゥール・デュ・パン・ド・ジャポンセミプロパンコンクール 

家庭製パンに携わる身としては今から楽しみな、第2回レ・アンバサドゥール・デュ・パン・ド・ジャポンセミプロパンコンクール。

主催はレ・アンバサドゥール・デュ・パン・ド・ジャポンとリテールベーカリ共同組合なのでバゲットライフは組織的な関係はまったくないのですが、個人的に情報をまとめておこうかなと思いまして。「概要」「参加の魅力」「よくある質問」の3つに分けて記載しましょう。

2016年の第1回の時に取材に行ったのでその時の写真も含めてアップしておきます。「どんな感じなのかなぁ、参加しようかなぁどうしようかなぁ」という方はぜひご参考に。

※個人的なまとめなので、大事なことは直接関係者に確認して下さいね※

■第2回レ・アンバサドゥール・デュ・パン・ド・ジャポンセミプロパンコンクールの概要

1. 参加資格者:家庭製パンの方(パンを販売目的で製造している方以外)

2.コンクールの内容

(1)課題となるパン:食パンとバターロールの2種類のパンの両方を作る

(2)審査方法:郵送による1次選考と会場にパンを持ち込む最終選考による

・1次選考

①食パン、バターロールのそれぞれのレシピ(記載例があります)

②食パン、バターロールの外観写真(L版で2 枚)と内層写真(縦割り)

③エントリーシートに参加費用の振込証コピーとご自身の顔写真を貼り付けた上で、必要事項を記載したもの

上記3つのものを同封の上、郵送で提出します。

募集締切は 2018年8月25日

選考に必要な書類のダウンロード

 

・最終選考

日時:2018年10月24日 AM10:30集合

場所:ファベックス関西2018でおこなわれるモンディアル・デュ・パン日本代表選考会場

インテックス大阪  〒559-0034 大阪府大阪市住之江区南港北1丁目5−102

https://www.jetro.go.jp/j-messe/tradefair/FABEXKANSAI_57348

課題のパンを前日焼成し包装して会場までご自身で持ち込みます。

AM11:00より審査開始予定。

広くて華やか!2016年の第1回の会場

 

■絶対参加したほうが良い!って思う理由

・会場がすごい

パンのワールドカップと呼ばれるモンディアル・デュ・パンの日本代表を決定する選考会場で同時におこなわれます。華やかで、多くの見学者がいて、日本中のパンの関係者が集まる場所であなたのパンが審査され表彰されるかも!

 

・審査員がすごい

下のよくある質問にもありますが、日本を代表するリテールベーカリーのシェフがあなたのパンを評価してくれるのです。認められちゃったりしたら、それはもう、天にも登るような気持ちになるに違いなし!

この方も理事として参加されます サ・マーシュ西川シェフ

・プレゼンがすごい

錚々たるシェフの前で自分のパンの思いを熱く語れます!こんな機会無い!

 

・表彰式がすごい

昨年は上位10名が表彰されました。きっと一生の思い出になるに違いありません!

2016年は上位10名の方が表彰されました!

 

・満足感がすごい

思うような結果が出ても、出なくても、今までにないモチベーションでパンを焼いた後にはきっと新しい製パンの目標や夢が見えてくると思いますよ!

 

■よくある質問

1. 課題のパンについて

Q1:食パンは山ですか?角ですか?

A:形に制限はありません、ご自分の考える「食パン」を存分に表現してください。

Q2:それぞれのパンに混ぜ物をしてカラフルなパンを作ってもいいですか?

A:日常の食としてのパンを表現できるのであれば制限はありません。その意図をプレゼンの時間がありますので審査員にご説明ください。

Q3:パンは食パンかバターロールのどちらかで良いのですか⁉

A:いいえ、パンは食パンとバターロールの両方を提出する必要があります。

同じ会場で日本代表を決める戦いが!

 

2.エントリーシート等、1次選考の提出物について

Q1:エントリーシートに写真を貼ることになっていますがなぜですか?

A:自分自身の顔写真を貼ってください。最終選考に進まれた時に会場で本人確認をする際に必要となります。

Q2 : レシピを記入する用紙は必要項目をきちんと揃えれば自分で作成したものでも良いのでしょうか?

A:はい、項目をもれなく抑えていただければ、ご自身で作られたフォームに記載提出いただいても大丈夫です。

Q3:コンクールの要項を見ても書類の送付先がどこか記載されていません。また登録料の金額はありますが振込先が記載されていません。どちらに送付・振込すればよいのでしょうか?

A :  書類位の送付先と振込先につきましてはエントリーシートに記載れております。エントリーシートを御覧ください。

 

3.レ・アンバサドゥール・ド・デュ・パン・ド・ジャポンについて

Q1:レ・アンバサドゥール・デュ・パン・ド・ジャポンとはどういう協会ですか?

A:フランスに本部がある世界的なブーランジェリーのアソシエイトであるレ・アンバサドゥール・デュ・パンの日本支部に当たります。2年に一度開催されるパンの世界大会「モンディアル・デュ・パン」の日本代表を選考し、日本のブーランジェの技術力の高さを世界に広める活動をしています。

フランスのレ・アンバサドゥール・デュ・パンのサイトはこちら

Q2:審査員になる理事や有識者とは具体的にだれですか?

A:今年の審査員の名前は発表されていません。しかし、理事には以下のような錚々たるシェフが名前を連ねています。この中から複数名の方がそしてそれ以外にも有識者として素晴らしいシェフが審査に当たられると思われます。

パリゴ 安倍 竜三シェフ

Zopf 伊原 靖友シェフ

サ・マーシュ 西川 功晃シェフ

オーヴェルニュ 井上 克也シェフ

フルニエ 坂田 隆敏シェフ

VIRON 牛尾 則明シェフ

BEAVER BREAD 割田 健一シェフ

(順不同)

などなど、この他にも多くの方が理事・関係者となっています

 

4.その他

Q1:最終選考会場までの交通費等は遠方の場合に一部補助などはあるのでしょうか?

A:申し訳ありませんが諸経費に補助はありません。自己のご負担でお願いします。

Q2:1次選考の結果発表はいつですか?

A:レ・アンバサドゥール・ド・デュ・パン・ド・ジャポン理事が厳正に審査をおこない、2018 年9 月15 日(土)一次審査通過者のみ、郵送にて発表します。

 

以上

なお新しい情報が入れば、順次更新していく予定です!

最終更新 2018年8月11日

(2018年8月8日記載)

(文責:平岩 高弘)

※個人的なまとめなので、大事なことは直接関係者に確認して下さいね※

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。