ボンヴィボンの小倉あんぱん~パンを、だいじに。

ビアンキュイとボンヴィボンで、パンのフードロスの解決に取り組む「パンを、だいじに。」。ご購入いただいた皆さまに届くパンたちをひとつひとつご紹介していきます。

今日ご紹介するのは、「小倉あんぱん」です。

小倉あんぱん ボンヴィボン

■スタンダードな「ザ・あんぱん」

アンパン、って日本のパン屋さんの必須アイテムで、コンビニやスーパーでも買うことができて、誰でも知っている。定番中の定番、ですよね。

このブログでもボンヴィボンの数あるあんぱんの中から「こしあんぱん」をご紹介させていただきました。こしあんぱんは桜の花がのっていて、今日ご紹介する小倉あんぱんはごまがトッピングされています。

そんないつも当たり前のようにある「あんぱん」なので、なんとなく「小倉あんぱん」というと「粒あんのあんぱんだな」という認識があると思うのですが、じつは粒あんと小倉あんは違うもの。

粒あんは小豆(あずき)の粒をつぶさないように炊き上げたものなのに対し、小倉あんはこしあんに大納言など大粒の小豆を蜜煮にしたものを混ぜ合わせて作ったものです。粒あんのことを総じて「小倉あん」ということもあるそうですが、もともとは違うものなのだそうです。

児玉シェフ「このホワイトラインを見てくださいよ!」

■小豆の甘さを活かす、あんぱん

ボンヴィボンのあんぱん、というとどうしてもスペシャリテの「生クリームあんぱん」を思い浮かべがちですが、だからなお「小倉あんぱん」へのこだわりも知りたいところ。児玉シェフにお話をうかがってきました。

「ボンヴィボンの菓子パンの生地はもちもちとした食感にしている」と児玉シェフ。確かに児玉シェフから「もちもち」発言をよく聞く気がします。笑

「そのもちもちしたパン生地の甘さに負けないくらいの小豆(あずき)の甘さ。この“甘さ”はお砂糖の甘さではなくて、小豆が本来持っている甘さを活かしたあんぱんを作りたかった」とのこと。

詳しくうかがうと、“あん”は北海道産の小豆を使用して低糖度に炊き上げられたものをボンヴィボンオリジナルで作ってもらっているそうです。ちなみにこの“あん”は生クリームあんぱんにも使われています。

リベイクして、あつあつ。

■リベイクして食べてみよう

「パンを、だいじに。」に同封されている児玉シェフ監修の「リベイクの仕方」には「ラップにくるんで電子レンジで軽くあたためてから、オーブンでリベイク」と書いてあるのですが、今回は半解凍の状態でオーブンでリベイクしてみました。

電子レンジでの加熱をせず、半解凍の状態で140℃に予熱したオーブンでそのまま4分30秒リベイク。

結果は…。うーん。やっぱり電子レンジが温めてからリベイクすることをおすすめします。そのままリベイクすると半解凍であっても中まで温まらず、パンの表面が乾いてしまいます。おいしくいただくためのひと手間は必要ですね!


オリジナルの低糖あん。つぶつぶたくさん!

児玉シェフがおっしゃるとおり、甘さ控えめのあんなので軽くたべられてしまうあんぱんです。お砂糖独特のもったりとした甘さは一切ありません。

こしあんぱんもおいしかったけど、小倉あんぱんはまた別のおいしさ。餡子が好きな方には小倉あんのほうが小豆の存在感があっていいかもれません。これは禁じ手ですが、バターをのせながら食べるのもおすすめです!

(石井 久子)

◆パンを、だいじに。のご購入はこちら。

ビアンキュイショップ「パンを、だいじに。」

◆パンを、だいじに。の詳しいご説明はこちら。

「パンを、だいじに。」について

◆パンを、だいじに。の情報を配信するメールマガジンを読むための会員登録はこちらからお願いします。

BienCuit会員登録

ボンヴィボン ホームページ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。