Bien Cuitロゴ

Biencuit MEET UP 2019-ビアンキュイ ミートアップ 2019
New! 2019.8.5
新スペシャルゲスト公開!

新たな技術、
新たな知識、新たな刺激が
パン作りを変える1日

Bien Cuit MEET UPとは、ご自宅でパンを作ることによって自身と周りの人たちの人生をより豊かにすることを目指している全国のBien Cuit会員の方を対象に、日本を代表するシェフやプロフェッショナルの方々とその技術や知識などを共有し交友するための一大カンファレンスです。

Chefs & Guests 参加シェフ & ゲスト

ビアンキュイが誇るシェフたち

シェフの都合により参加シェフが変更になる場合がございます。

根本シェフ 根本 孝幸 nemo Bakery&Cafe シェフ

パン職人として「マザーグース」「ポンパドゥル」を経て「オーバカナル」や「アトリエ・ドゥ・リーヴ」のベーカリーシェフを歴任し「読者の選ぶおいしいパン」のバゲット部門とクロワッサン部門で堂々と全国1位を獲得。2007年、更に上を目指し研究とこだわりを重ねた大人のパン屋「nemo」のシェフに就任。

児玉シェフ 児玉 圭介 Bon Vivant シェフ

横浜、川崎で『ボンヴィボン(Bon Vivant)』オープン。バケットやクロワッサン同様に人気を集めるオリジナル「生クリームあんぱん」はメディアでも多数紹介される。 2011年、フランス・リヨン“パンのワールドカップ"国際コンクール『モンディアル・デュ・パン』国内予選『バケット部門』、『クロワッサン部門』にて一位を受賞。その巧みな技術をかわれ、同コンクールのPR大会にて日本代表を務める。 技と趣向を凝らした作品で世界に『日本のパン』を広めている。

川本シェフ 川本 宗一郎 Boulangerie Django シェフ

幼少期の多くを海外で過ごした影響で、食に対して興味を抱くようになりパン職人の道へ。千葉県の一般的な街のパン屋で約3年働いた後、都内の複数の店で働く。2010年江古田にブーランジェリージャンゴを開業。2019年5月日本橋浜町へ移転し、有名店として行列が絶えない。いつ行ってもこだわりの食材を組み合わせた斬新なサンドイッチに目を奪われる。ビーツを使用したバゲットやシュトレンなど、独創的なパン作りが話題をよんでいる。これからもっとも注目されるシェフの一人。

朝倉シェフ 朝倉 誠二 BOULANGERIE SEIJI ASAKURA シェフ

21歳で徳島県で自家製酵母の店を立ち上げ、その後パリにわたり、エリックカイザーやベルナール・ガナショーのもとで腕を磨く。2008年、港区高輪にブーランジェリーセイジアサクラをオープン。自家製酵母を活かしたパンが評判になり行列が絶えないパン屋になる。 なかでもチーズカレーパンとバゲットというまったく異なるジャンルのパンがベストセラーになっていることは朝倉シェフのパン作りの魅力を証明している。理論派であることでも知られ、食品業界からアドバイスを求められることも多い。

スペシャルゲスト

日清製粉株式会社より小池愛衣氏 小池 愛衣 日清製粉株式会社

昔から食べることが好きだったことに加え、パン・麺・菓子など様々な食品の原料として幅広く使用されている小麦粉と出会い、その可能性の大きさに興味を持ち、日清製粉へ入社。エリア営業を経て、現在は営業企画部に所属し、主にベーカリー関係のテーマを担当。ベーカリーを訪問しパン職人の方々から色々なお話を聞いたりしながら、ベーカリーのお役に立てる商品・企画をご提案できるよう、日々アイディア発掘に励んでいる。

成澤芽衣氏 成澤 芽衣 フランス全国バゲットトラディション
コンクール 優勝シェフ

パン職人、1982年5月23日神奈川県横浜市中区生まれ、横浜市横浜商業高等学校卒業後、東京・国立辻製菓専門学校で1年間洋菓子とパンの基本的な事を学んだ後に2001年ビゴの店に入社。新入社員の1年間はカフェで接客やサンドイッチ製造をメインに携わる。1年後の2002年に、15歳から活動していた競技・カヌーポロの世界選手権出場を目指しビゴの店を一度退社し2004年にカヌーポロ世界選手権出場 (世界4位) し、同年またビゴの店に再入社。ヴィエノワズリーからハード系のパンまでビゴの店のパンを学ぶ。2008年にワーキングホリデー制度を利用してフランス・コートダジュールにある MOFブーランジェリーパティスリー「 Le Palais Du Sucre 」にて1年間パン修行をする。帰国後2009年エリックカイザージャポン入社。2012年にパリのメゾンカイザーで3ヶ月ほど研修し、帰国後も日本のカイザーで経験を積み、2014年に同社退社。同年、横浜青葉台にある Bon Vivant 入社、児玉圭介氏のもとで経験を積み、2016年退社し、同年再び渡仏。フランス・アルザス地方のブーランジュリーパティスリーで働き、2017年バゲットコンクール出場、優勝。2018年アルザス地方ガレット・デ・ロワコンクール優勝。2018年 1月パリ・エリゼ宮に招かれエマニュエル・マクロン大統領に女性初・外国人初のバゲットコンクール優勝を称えてもらう。2018年1月にパリ・ユーロパンにて、同年12月パリ AIPF組合カンファレンスにてガレットデロワのデモンストレーション。2019年1月リヨンのSalon SIRHA で LESAFFRE 社のブースでバゲットトラディションデモンストレーション。2018年 4月 2019年 4月新宿伊勢丹フランス展出展 / 2018年10月日本橋三越フランス展出展2019年春にアルザスを離れ、現在はロワール地方でフリーランスで活動中。2017年フランス全国バゲットトラディションコンクール優勝。2018年フランスアルザス地方ガレットデロワコンクール優勝。

Sessions & Contents セッション & コンテンツ

1.

児玉シェフのレッスンデモ
最新製法
レスペクチュスパニス

今フランスで一番注目されている製パン法である“RESPECTUS PANIS”(レスペクチェスパニス)。M.O.F.をはじめ多くの有名シェフがこの製法に取り組んでいます。狙いは粉のうまみを最大限に引き出すこと。日本でもまだまだこれから実践に向けて研究されていくこの製法を「家庭製パン」に適応する形で児玉シェフがレッスンします。ミキシングから焼成まで、そのエッセンスをモノにする最高のチャンスです。

児玉シェフによる“RESPECTUS PANIS”(レスペクチェスパニス)
2.

粉を
正しく理解する(仮)

粉のスペシャリストとして、日清製粉株式会社より小池愛衣氏に登壇いただき、パン作りに欠かせない「粉」についてお話ししていただきます。国産の小麦と海外の小麦について、そしてあまり家庭製パンでは話題になりませんが、「粉」をつくりだす日本の製粉技術について。プロのシェフが高く評価する「粉」は、どういう点が素晴らしいのか。ライトニングトークに加えシェフとのパネルディスカッションではポイントをより深く掘り下げて理解していきます。

日清製粉株式会社より小池愛衣氏
3.

BienCuit CUP 2019
製パンコンテンストの開催

“もっとおいしく。もっと上手に。食べる笑顔をもっとゆたかに”
パンは食べて楽しむものです。毎日のように食べてちょっと幸せな気分にしてくれるのが本当のパン。身近な材料のおいしさをきちんとひきだすのが本当のパン。普通のパンを、普通においしく。技術をシェフとともに高めていきましょう。
コンテンストのための「ハレのパン」ではなく、普段づかいのパンのおいしさを皆さんと一緒に追い求めていきます。

Bien Cuit CUP 特別サイトはこちら!
4.

パネルディスカッション

セッション情報は順次掲載を予定しています。

5.

スペシャルビュッフェ

ランチはスペシャルビュッフェをご用意しています。キュイジーヌに加えてシェフがこの時のために焼いた特製のパンをご一緒に。シェフと懇談しながら少しリッチな食事を楽しみましょう。

6.

フランスでのパン作りと文化(仮)

なんと、日本人で初めてというより外国人として初めて「フランス全国バゲットトラディションコンクール」にて優勝した、あの成澤芽衣シェフがMEET UP 2019に登場です!わざわざ皆さんとお会いするためにスケジュールを調整しただき、ご登壇の運びとなりました。2017年に大会で優勝した当時はアルザス地方のBoulangene Durrenbergerのシェフを務めいていましたが、その名声が上がったこともあり現在はフランスロワール地方に拠点をうつしてフリーのシェフとして活躍中です。そして2018年にはフランスアルザス地方 ガレットデロワコンクールでも優勝を飾りました。成澤シェフに、フランスでのパン作りと食文化についてご自身の経験をもとにお話ししていただきます。

成澤芽衣シェフ

Schedule & Access スケジュール & アクセス

開催日時とスケジュール

開催日

2019930
月曜日

開場

10:30

開演

11:00

閉会

16:00

アクセス

会場

The Place of Tokyo
ザ プレイス オブ トウキョウ

THE TOWER ROOM
4th floor

東京都港区芝公園3丁目5-4
tel.03-5733-6788

https://place-tokyo.com

Participation 参加について

参加資格

  • Bien Cuit 登録会員
  • Bien Cuit MEET UPに参加するビアンキュイ会員が紹介するご友人(1会員につき1名限定)

参加パス申込開始日

2019622

満席になり次第、参加パスの申し込みは終了とさせていただきます。ご了承ください。

参加パス

ビデオ月額コース会員

8,000 円(税込)

ビデオ個別コース会員・登録会員

13,000 円(税込)

ビデオ月額会員のご紹介がある
ご友人

15,000 円(税込)

「100Kサポート」

ご自宅の住所が東京駅から直線距離で100Km以上の距離があるビアンキュイ会員が参加される場合は、交通費をサポートする観点から参加パスの価格から6,000円を会場受付にてキャッシュバックさせていただきます。

(例)静岡市にお住いのビデオレッスン月額会員
申し込み時8,000円払い込み→当日、受付にて6,000円キャッシュバック
実質2,000円にてMEET UPにご参加できます

Notice 注意事項

キャンセルについて

  • 申込みいただいてから参加パスの料金をお支払いいただくまでの期間におけるキャンセルの場合、キャンセル料はかかりません。
  • 参加パスの料金をお支払いいただいた以降のキャンセルに関しましては以下のキャンセル料をいただきます。

・7月31日までにキャンセルの申し出をされた場合
→振込総額の30%

・8月31日までにキャンセルの申し出をされた場合
→振込総額の50%

・9月1日までにキャンセルの申し出をされた場合
→振込総額の100%

申し込み時のご注意

  • 申込の姓名、メールアドレスは必ずビアンキュイの会員登録に記載されている内容と同様のものを記載してください。

FAQ よくある質問

参加資格について

Q:会員である私の知り合いに代理で参加してもらうことは可能ですか?

A:いえ、代理の方の参加はできません。

Q:友人と一緒に参加したいのですが、友人は何人でもよいですか?

A:会員ではないご友人と参加する場合はご友人の数は1名様に限らせていただいております。

 
   

お申し込みについて

Q:友人と一緒に参加したいのですが、申し込みはどうすればよいですか?

A:申込フォームでご友人の姓名を記入の上、お申込み下さい

Q:MEET UPに参加する際に、製パンコンテストに必ず参加しなければいけないのですか?

A:製パンコンテストは希望者のみの参加となります。製パンコンテストに参加しないで、MEET UPに参加することはもちろん可能です。

Q:製パンコンテストに参加したいのでが、どうすればよろしいですか?

A:製パンコンテストのレギュレーションページをご確認の上、専用の申込フォームからお申し込みください。

Q:製パンコンテストに参加するには別途の参加料金が必要ですか?

A:いえ、製パンコンテスト自体は無料で参加することができます。

 

「100Kサポート」について

Q:100Kサポートが受けられるかどうかはどのように判断すればよいですか?

A:Google mapで東京駅からご自宅の住所までの直線距離を測ってみて100㎞以上あれば適用されます。申込フォームで100Kサポート希望としてお申し込みください。

Q:100Kサポートが受けれる場合は、サポート代金を差し引いた差額を振り込めばよいのでしょうか?

A:いえ、いったん参加パスの全額をお振込みいただきまして、イベント当日に受付にてサポート代金をお渡しいたします。

 

Entry お申し込み

現在お申し込み受付中!
応募はこちらから。

お申し込みはこちら プライバシーポリシー