オーブンスプリング

オーブンスプリング

オーブン内でパン生地が膨らむこと。
オーブンに入った生地の発酵は生地温度が60℃くらいになるまで続く。発酵によってできた炭酸ガスの気泡が加熱されてさらに膨張するのにともなって、それを包んでいるグルテンの膜も伸びてパンのボリュームを大きくする。窯のびともいう。

バゲットライフ 用語集TOPに戻る